初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

有機物の施用| 土の透水性、保水性、保肥力、通気性の改善

投稿日:

家庭菜園に有機物を投入することによって、

土粒問に適度なすき間ができます。

これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、

土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。

よく耕すことによって、

土中の細かい粒子が集まって

小さなかたまりを作った”団粒構造”となります。 

スポンサーリンク

また、土壌中の有用な徴生物の活性を促進したり、

多肥による肥あたりを和らげる働きもします。

しかし、未熟な堆肥を家庭菜園に入れることは、

野菜の根傷みや病害虫の発生原因となり好ましくありません。

完熟堆肥が手に入らない場合は、

あらかじめ未熟堆肥を堆積しておき、

数回切り返して十分腐熟させてから用いましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

野菜つくり

土壌のpH測定|野菜作りに土壌のpHは重要

野菜を作るには、畑の土の状態を よく知っておくことが大切です。 スポンサーリンク 初めに土の酸性度に注意します。 土壌酸性値はpH値で表示され、pH4-6を酸性土、 pH8-9をアルカリ土といいます。 …

no image

家庭菜園の土作り手順4 肥料を入れる|元肥を多めにたっぷり投入

土作りの手順4 肥料を入れる うねの場所を決めたら肥料を入れます 今回紹介するのは牛フン堆肥と腐葉土です 良質な飼料(牧草)で育った牛の牛フンを時間をかけて醗酵・熟成させた有機質肥料!牛ふん10L【& …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

no image

野菜作りでは土作りが大切

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆ 植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、 下半身にあたるのが根です。 地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、 地下にある根は忘 …