初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

有機物の施用| 土の透水性、保水性、保肥力、通気性の改善

投稿日:

家庭菜園に有機物を投入することによって、

土粒問に適度なすき間ができます。

これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、

土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。

よく耕すことによって、

土中の細かい粒子が集まって

小さなかたまりを作った”団粒構造”となります。 

スポンサーリンク

また、土壌中の有用な徴生物の活性を促進したり、

多肥による肥あたりを和らげる働きもします。

しかし、未熟な堆肥を家庭菜園に入れることは、

野菜の根傷みや病害虫の発生原因となり好ましくありません。

完熟堆肥が手に入らない場合は、

あらかじめ未熟堆肥を堆積しておき、

数回切り返して十分腐熟させてから用いましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園に改良材を施用して土壌のpHを整える

日本の土壌は酸性土壌なので、一般には土壌改良材を利用して野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、大部分の養分はpH6?7で水に解けるこ …

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

野菜つくり

土壌のpH測定|野菜作りに土壌のpHは重要

野菜を作るには、畑の土の状態を よく知っておくことが大切です。 スポンサーリンク 初めに土の酸性度に注意します。 土壌酸性値はpH値で表示され、pH4-6を酸性土、 pH8-9をアルカリ土といいます。 …

no image

よい土壌の条件|家庭菜園で上手に野菜を育てるには?

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。 よい土壌とは・・・・・ 水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。良い微生物が繁殖している …