家庭菜園の土作り

ベランダ菜園

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 培養土・赤玉土・腐葉土、それぞれの特徴は全く異なり、 その使い方も異なりますので、それら3つの土についての知識を持ち、 自分の菜園に必要な土は何かを理解しておきましょう。
カブの育て方

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てますカブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥を入れてうねをたてます土はよく砕いておきまし...
ダイコンの育て方

大根の畑の準備・土つくり|おいしいダイコンの育て方

秋まきダイコンの畑の準備は種まきの2週間前までに行います ナスやピーマンなどの夏野菜を片づけたら 完熟堆肥をすきこんでおきます
とうもろこしの育て方

とうもろこしの土作り|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしは多くの肥料を必要とします 植えつけ場所は日当たりや水はけのよい場所を選びます。 とうもろこしの植えつけ前に、堆肥、化成肥料、苦土石灰をまいて 深さ30㎝くらいまで十分に耕します。 種の発芽時に肥料が直接当たるととうもろこしの根が傷みますので 肥料は散布したら丁寧に混和させましょう。
家庭菜園の土作り

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します
土の役割

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。
家庭菜園の土作り

ポイント2 うねを高くして水はけをよくする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で育てるほとんどの野菜は過度の湿気を嫌います水はけがわるく、いつまでも湿り気のある土は、野菜の根が傷み、いろいろな病気の発生の原因となります排水性をよくするのであれば土をよく耕して、土の中に空気を入れてうねを高く作ります排水性、通気...
家庭菜園の土作り

ポイント1 微生物がたくさん住みつくよい土作りをする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園に堆肥とくに植物性の堆肥をきちんとすきこんで土作りをすると土の中で多くの微生物が活発に活動できる状態になります本物志向 森で生まれ育った「バーク堆肥」 サンヨーバーク (40L)■広葉樹皮のみを厳選■■...微生物がたくさん住んでい...
土作りの手順

家庭菜園の土作り手順4 肥料を入れる|元肥を多めにたっぷり投入

土作りの手順4 肥料を入れる うねの場所を決めたら肥料を入れます 今回紹介するのは牛フン堆肥と腐葉土です 良質な飼料(牧草)で育った牛の牛フンを時間をかけて醗酵・熟成させた有機質肥料!牛ふん10L【.....
土作りの手順

家庭菜園の土作り手順3 うね作り|高く盛り上げるよりも通路をつくる感覚

うねというと土が盛り上がった細長い形が想像できますね しかしうねを立てるほど野菜が植えられない法面がたくさんできてしまい 家庭菜園の限られた畑の使い方としてはもったいないです 家庭菜園の畑ではうねを立てるというよりは 通路をつくるような感じで作業しましょう
タイトルとURLをコピーしました