初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ピーマンの育て方

ピーマンの水やり方法|葉が雨にぬれると病気になりやすい?

投稿日:

ピーマンは野菜の中でも特にデリケートな植物です。
まず、ピーマンの葉っぱをみてみてください。

ピーマンの葉には、水をはじくという特徴があります。
これは、ピーマンが葉からの水分吸収を拒んでいることの現れで、
葉が雨に濡れると、細菌に侵されやすくなり病気にかかりやすいのです。

スポンサーリンク

そのため、水やりの場合にも葉の上に水が当たらないように、
根元の土に水をあげるようなイメージで行うことが必要です。

また、ピーマンの茎は脆いため風の被害を受けやすいです。
そのため、支柱なども準備しておくことが大切です。
家庭菜園 ピーマン

ピーマンは、植え付けるとすぐに花を咲かせます。
しかし、この時、1番目と2番目に咲いた花に関しては必ず摘み取ります。

この花を残し実を結んでしまうと、まだ根が成長段階の途中であるのに対し
実に優先して栄養分を送り出してしまうためです。

そうすると、葉や茎なども生育が悪くなりピーマンの収穫が
出来なくなってしまいます。初めて育てる方の気持ちとすれば、
最初に咲いた花だから…という気持ちも分かりますが、摘み取りましょう。

スポンサーリンク

基本的に咲いた花には必ず実を付けます。
そのため、咲いた花を適度に制御していかなければ小さな実が
たくさんできてしまうことになります。

ピーマンの収穫1個に対し、その収穫した節から出始めた脇芽を
摘み取るようにしていくと、適度な花数に抑えることが出来、
ピーマンの樹形も綺麗に保つことが出来ます。

パプリカはピーマンよりも大きく肉厚であることも知られていますが、
これらは元々ピーマンが完熟したものです。

通常、私たちの食べているピーマンも緑の内に収穫しなければ、
黄色や赤などのカラフルな色へ変化していき、味にも変化があります。

カラーピーマン 苗

家庭菜園ではこういった楽しみ方も自由に行うことができるので、
少し熟させて、黄色いピーマンとして収穫するのもお勧めです。

また、最近では茶色や白・黒・紫などのピーマンも良く見かけます。
スーパーなどではまだまだ珍しいかと思いますが、園芸店などでは、
こういったカラフルなピーマンの苗も販売されていますよ。

⇒ピーマンの栽培特性

スポンサーリンク

-ピーマンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピーマン 苗

ピーマンの連作障害|同じナス科のトマトやじゃがいもとも4年あける

ピーマン、トウガラシは初心者の方でも育てることができます。 その理由の1つとして、病害虫の被害に遭いにくいことが挙げられますが、 ピーマン、トウガラシには連作障害が起こりやすいので、 その点には、十分 …

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの支柱立て・整枝|生育が旺盛なので適度に芽かきを

ピーマンの1番花より下のわき芽を摘んだら 本支柱を立てます。 長さ1mほどの支柱を立て、側枝の1本と支柱を 8の字にひもで結びます。 スポンサーリンク 成長が進むとピーマンの枝自体や実の重みで枝が垂れ …

no image

ピーマンの定植|がっしりした丈夫な苗を選んで植えつけ

ピーマンの苗はじっくり育ててから植えつけますピーマンの苗を購入する場合は大苗のほうが早く収穫できます いい苗のポイント 葉は厚みがあり色鮮やかで艶がある 節間が短めで茎がしっかりしている 根が白く生き …

no image

赤ピーマンの収穫方法|収穫までの日数が普通のピーマンの4倍かかる

ピーマンの収穫は、開花後15日?20日頃です。 まだ若い緑色の綺麗なうちに収穫することが、美味しいピーマンを収穫するコツです。 ■ピーマンの収穫と赤ピーマンの収穫 ピーマン自体は、未熟果として若いうち …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント