ホーム » 野菜の育て方 » ピーマンの栽培・育て方|ビタミンCで夏の栄養補給に大活躍

スポンサードリンク

ピーマンの栽培・育て方|ビタミンCで夏の栄養補給に大活躍

phm06_0723-s.jpg

ピーマンの栽培ポイント

ピーマンは連作障害を起こしやすいので
ピーマン、ナス、トマトのあとには
3~4年植えないようにします。

ピーマンは低温にはあまり強くないので
極端な早植えはしないようにしましょう。



野菜名

科名

原産地

ピーマン

ナス科

中南米の
熱帯地方

学名

英名

和名

Capsicum annuum

bell pepper

甘唐辛子
西洋唐辛子

種まき時期

定植時期

収穫時期

2月中旬~3月中旬

4月下旬~5月下旬

6月下旬~

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

砂質土から埴壌土
pH6.5 乾燥に弱い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

25~32

35

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

20~30

35

うね幅

条数

株間

150

1

45

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

1500

60~80ml

1800

花芽分化

播種後35日、本葉展開葉4枚、11~12枚分化ころに花芽分化し、第一花をつける。(播種後約60日で開花)自家受精が主、他家受精もする。



ピーマンの健康効果

ピーマンにはビタミンCが多く含まれています。
大き目のピーマン1個にはレモン1個と
同等のビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、細胞を丈夫にし、
風邪の予防や肌の修復に効果を発揮します。

毛細血管を丈夫にするビタミンPやコレステロールを
低下させる葉緑素もピーマンに含まれているので、
ピーマンを食べると高血圧や動脈硬化にも有効です。

薬効を高めるにはピーマンを生で食べるのがよいのですが、
ピーマンにレモン、りんご、トマトなどを加えたジュースは
ビタミンたっぷりの飲み物になります。


よいピーマンの選び方

ピーマン全体に緑色が濃く色が均一で、
張りと艶があるもの。

ピーマンの肌がなめらかで肉厚のもの。

ピーマンのへたの緑が鮮やかでピンとしているもの。
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top