初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キャベツの育て方

カイランの育て方|葉っぱと、柔らかい花茎を収穫するキャベツの仲間

投稿日:

夏真っ盛りとなると、家庭菜園も季節にやられ青物が収穫しにくくなります。
そんな時に育てておくと重宝するのがカイランです。

カイランはキャベツの葉に似ているキャベツの仲間ですが、
早くから茎がぐんぐん伸び、とう立ちします。
その時の葉っぱと、柔らかい花茎を収穫出来るのです。

スポンサーリンク

原産は南方系なので、耐暑性があるのが特徴です。
比較的温かい地域で栽培されている野菜となりますので、日本の夏でも
育てることが出来、収穫を楽しむことが出来ます。

種のまき時はさまざまですが、夏に収穫することを考えると、
夏より少し前に行うのが良いかと思います。収穫までの日数が、
50?60日ほどなので、逆算して種まきを行います。

種をまく前には、完熟堆肥・油粕・化成肥料を使って土作りをします。
その後、50センチ間隔で鍬幅のまき溝をつくって、3?4センチ四方に
1粒ずつ種をまいていきます。

随時間引きを行なっていきますが、最終的な目安は10センチほどです。
この間に追肥を2回ほど行い、肥料不足にならないよう、
注意しながら育てていきます。

また、セルトレイ(128穴)を使って本葉4枚ほどになってから、
植えつけるようにすると、良品が揃って育てられるようになるので、
セルトレイを使った方法で育苗するのも良いかと思います。

肥料の点でいえば、直播きと同様です。
害虫の被害にあいやすいので、良く観察をして防除を怠らないようにしましょう。

また、防除の方法としてはベタ掛け資材が適しています。
トンネル状に覆ってあげると、虫が飛んでくるのを防ぐことが出来ます。

収穫は高さ15センチほどです。
若葉や蕾の部分は揚げ物、天ぷら、炒めものとして、茎の部分は、
サラダなどにも使えますよ。

スポンサーリンク

-キャベツの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キャベツの栽培のポイントまとめ2|収穫の目安、害虫防除

■キャベツにつく、害虫は見つけ次第、すぐに対処する 植え付け後、まだ気温の高い時期は、ハイマダラノメイガ(芯喰い虫) が良く見られます。この幼虫は、キャベツの芯を好んで食べますが、 キャベツの芯は、生 …

no image

キャベツの育て方・栽培方法|栄養満点で食卓には欠かせない野菜

キャベツの栽培ポイント キャベツは苗が一定の大きさになったときに、 15℃以下の低温に一定期間あうと、 花芽ができ結球せずに花が咲いてきてしまいます。 キャベツは品種によって適期のタネまき時期を守り、 …

no image

キャベツの種まき|おいしいキャベツの育て方

キャベツは苗を買うよりも種から育てたほうがたくさん作れるし費用もかかりません キャベツの種まきに用意するもの キャベツの種子 128穴プラグトレー 培土(うちではタキイ 種まき培土20L(園芸用);を …

no image

キャベツの原産地と日本での歴史

キャベツは、ヨーロッパの海岸近くの石灰の多い岩場などに、 自生したものから作られたと言われています。 この作物は、今で言う「ケール」のような植物で、人類は古くから、 この植物を、薬用として使用していた …

菜の花

アブラナ科の菜の花を料理して楽しむ|キャベツ、カブ、ダイコンの花

キャベツ、カブ、大根、白菜、コマツナなどのアブラナ科野菜は冬を越して暖かくなると、菜の花を咲かせます。 これはとうだちといい、ダイコンではとうだちするとスがはいって中が割れてきたり、味が落ちると言われ …

カテゴリー

最近のコメント