初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

イチゴの育て方

イチゴの増やし方|いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせる

投稿日:

■いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせる
いちごの種は、いちごの表面にあるツブツブとしたゴマのようなものではなく、
そのゴマの中に入っています。
一般的に、いちごを育てる際は、全て苗からとなりますので、
通常は、このゴマのような粒から、種を抜き取ることはありませんし、
生長に時間が掛かるので、おすすめ出来ません。
では、どのようにして、いちごは増やすことができるのでしょうか?
・いちごの増やし方
いちごは、親株から、子株をつくることで新たないちごが作れます。
まず、昨年に植えつけた親株の実が赤くなりはじめる頃より、
ランナーと呼ばれるつるが、グングン伸び出してくるので、それを確認してください。
このランナーの先にできるのが、子株です。
ランナーは、1つの親株に対して、10本近く伸びるものです。
また、1本のランナーに付く子株は、1個とは限りませんので、
1つの親株から、20以上の子株を作ることができることもあり、
いちごは凄く増やしやすいと言われています。
来年は、自分で栽培した親株から取った子株を使いたいという人は、
いちごの実を収穫した後、培養土を入れたポリポットに、
ランナーの2節目以降にできた子株を植えこんで、重しで押さえて管理します。
大体その後、2週間程度で株が安定してくるようになるので、
その時になったら、ランナーをハサミで切り、独立した1つの苗とします。
1節目の子株は、生育が不安定になることも多いので、
2節目以降の孫株を使用して育てるのがポイントです。
こうして育てると、いちごの苗を購入することなく、手軽に来シーズンも楽しむことができるわけです。

スポンサーリンク

-イチゴの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、 石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。 しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、 まだまだ最近であ …

no image

イチゴの手入れ|春のアブラムシやダニに注意

イチゴは一般的に秋頃の植え付けとなりますが、基本的に春を迎えるまでは水を適量あげておけば、特にお手入れをする事なく生育期を迎えます。 しかし春になるとハダニやアブラムシといった害虫がつきやすくなるため …

no image

イチゴの育て方|簡単家庭菜園でいちご栽培

イチゴが出回る季節と言うとクリスマスシーズンが思いつきますが、実は本当の収穫時期は5月?6月だということを知っていましたか? スーパーなどでは、クリスマスシーズンに合わせて12月頃よりイチゴを良く見か …

no image

イチゴの苗の選び方|ウイルスフリー苗とは

美容にも、健康にも良いとされるいちごは、大人も子供も大好きで、 家庭菜園でも、特に人気のある作物です。 今日はそんないちごの、栽培ポイントについてまとめました。 ■いちごの苗の選び方 いちごは、苗から …

家庭菜園 イチゴ

イチゴの植え付けの方向|ランナーの向きを確認して行うこと

いちごは、マルチングを行って栽培するのが大切です スポンサーリンク 気温の下がる地域でも育てることのできるいちごは、マルチングなしでも、 簡単に栽培が可能です。ただし、果実の部分が直接土に触れると、 …

カテゴリー

最近のコメント