初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

投稿日:

gum03_ph05172-s.jpg

一般的に農業や園芸の分野では、
食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を
野菜と呼びます

イチゴ、メロン、スイカも草木性のため
野菜として扱われます

日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱っていますが
主食であるコメは穀物としています

反対にヨーロッパなどではコメが野菜に含まれることもあり
食文化によって解釈に違いがあります

スポンサーリンク

野菜の分類の仕方はいろいろありますが
食べる部位によってわける
【果菜類】
【根菜類】
【葉菜類】
という分類を覚えましょう

実を食べるのが【果菜】
根を食べるのが【根菜】
葉を食べるのが【葉菜】
です

家庭菜園なのでどんな野菜を作るのも自由です
食べたい野菜を作ると考えればいいと思います

食べたいからといって同じ野菜をたくさん作っても食べきれないので
家庭菜園の場合はたくさんの野菜を少しずつつくることを
心がけたほうが年間をとおして野菜を楽しめます

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

野菜には、さまざまな品種があります。トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。 また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくな …

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

野菜は、植物です。そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。 ■温度に関して 野菜は生長は勿論、発芽にも適温と …

no image

支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、サツマイモなどのつる性の野菜を、比較的狭いスペースでも育てることが出来ます。 どうしてもこれらの野菜を育てたいのに、スペースが足りないという …

カテゴリー

最近のコメント