スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。
種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、
発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。

そのため、発芽直後のスプラウトは非常に栄養価が高いとされ、
若い世代を中心に注目されています。

スプラウトというと、あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、
私たちが良く目にするかいわれ大根がスプラウトの1つです。

その他にも、最近は芽キャベツ・ルッコラ・アルファルファ・ブロッコリー
などのスプラウトが出てきており、スーパーによってはそれを、
販売していることもあります。

そのスプラウトの育て方ですが、栽培適温は20度?25度が理想です。
温度さえ調節出来れば、出窓やキッチンなど室内でも栽培が可能です。

種子は、スプラウト用のものを使います。
無消毒種子の場合、耐熱性の容器などを上手に使って熱湯消毒し、
準備しておきます。

スポンサーリンク

次に、底に対して平らになるように充分に湿らせてから、
3ミリ?5ミリほどの間隔で種子をまいていきます。
酸素が必要となるので、遮光する時に穴をあけるのを忘れないようにしましょう。

その後は、乾燥に気をつけるべく、霧吹きなどで水やりを行いますが、
水が多すぎてしまうとすぐにスプラウトは腐ってしまいますので、
適量を上げると良いでしょう。

また、その際キッチンペーバーなどを敷いて使ってあげると、
水分量を調節しやすくなります。

発芽しはじめたら、弱い光を当てていくことで葉に色がつきます。
スプラウトの野菜によっても違いがありますが、遅くとも2週間もあれば、
十分な長さに伸びていきます。

栽培をはじめて1週間?10日ほどで収穫出来るというのも、
スプラウトの魅力の1つですよね。
自宅で簡単に育てることができますので、是非育ててみて下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
キッチン菜園 家庭菜園栽培の基本 種まき
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました