初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キッチン菜園 家庭菜園栽培の基本 種まき

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

投稿日:

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。
種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、
発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。

そのため、発芽直後のスプラウトは非常に栄養価が高いとされ、
若い世代を中心に注目されています。

スプラウトというと、あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、
私たちが良く目にするかいわれ大根がスプラウトの1つです。

その他にも、最近は芽キャベツ・ルッコラ・アルファルファ・ブロッコリー
などのスプラウトが出てきており、スーパーによってはそれを、
販売していることもあります。

そのスプラウトの育て方ですが、栽培適温は20度?25度が理想です。
温度さえ調節出来れば、出窓やキッチンなど室内でも栽培が可能です。

種子は、スプラウト用のものを使います。
無消毒種子の場合、耐熱性の容器などを上手に使って熱湯消毒し、
準備しておきます。

スポンサーリンク

次に、底に対して平らになるように充分に湿らせてから、
3ミリ?5ミリほどの間隔で種子をまいていきます。
酸素が必要となるので、遮光する時に穴をあけるのを忘れないようにしましょう。

その後は、乾燥に気をつけるべく、霧吹きなどで水やりを行いますが、
水が多すぎてしまうとすぐにスプラウトは腐ってしまいますので、
適量を上げると良いでしょう。

また、その際キッチンペーバーなどを敷いて使ってあげると、
水分量を調節しやすくなります。

発芽しはじめたら、弱い光を当てていくことで葉に色がつきます。
スプラウトの野菜によっても違いがありますが、遅くとも2週間もあれば、
十分な長さに伸びていきます。

栽培をはじめて1週間?10日ほどで収穫出来るというのも、
スプラウトの魅力の1つですよね。
自宅で簡単に育てることができますので、是非育ててみて下さい。

スポンサーリンク

-キッチン菜園, 家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

ナス苗 風よけ

夏野菜苗(ナス、ピーマンなど)は寒さ対策、風除けをする

夏野菜(ナス、ピーマン、トマトなど)の苗は寒さには弱いです。 畑には植え付けの数週間前からビニールマルチを張って 十分に家庭菜園の土を温めておきましょう。 スポンサーリンク

野菜つくり

コンテナ栽培のメリットとデメリット|狭いスペースで楽しめる家庭菜園

コンテナ栽培という言葉を良く耳にすると思いますが、 コンテナ栽培というのは、鉢やプランターなどの容器を使った栽培方法のことで、 畑を利用せずに野菜を育てる方法です。 家庭菜園を作ることのできないお宅で …

no image

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、さまざまな野菜を育てるこ …

野菜つくり

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいとい …

カテゴリー

最近のコメント