初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園で種が余ることありますよね?|野菜種子の上手な保存方法

投稿日:

購入した種子が、余ってしまうことってありますよね。
小さな自家菜園であれば、良くあることだと思いますが、来年もこの種子を
利用するには、しっかりと貯蔵しておく必要があります。
新品種の物や、あまり出回ることのない種子、珍しい物などは、
特に大切に保管して、来年に使いたいと思うことかと思いますので、
今日は余った種子の上手な貯蔵方法について、紹介していきたいと思います。
まずはじめに知っておきたいのは、種子の寿命です。
タマネギの場合は、1年たつとほとんど発芽しなくなるのに対して、
ナスなんかの場合は、3年たっても発芽するものがあるなど長短の差があります。
いずれにしろ、放っておけば発芽率はどんどん低下しますので、
種子を良い状態で貯蔵しておくことが必要となります。
種子の発芽力が低下するのは、種子も呼吸をしているからです。
その呼吸によって、養分を使ってしまったり、病原菌が増殖したりするため、
時が経つにつれ、悪い状態になってしまうんです。
これを防ぐ方法は、湿度30パーセント以下の場所で貯蔵することと、
温度を低音に保つということがあります。
筒状の空き缶を利用すれば、誰でも簡単に貯蔵が出来ます。
予め、種子の入った袋ごと良く日光にあて、種子を乾かしておきます。
その後、お菓子などに入った乾燥剤とともに筒状の空き缶に入れて、
テープで完全に密封しておきます。
乾燥剤は多いほど確実と言えますので、乾燥剤はとっておき、
事前に準備しておくと良いでしょう。
冷暗所にそのまま貯蔵すれば、使用直前に缶から取り出すだけで、
来季も使うことが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

no image

家庭菜園の楽しみ方|菜園で作る野菜の選び方のポイント

家庭菜園では、どんな野菜を作りたいと考えますか?自宅の菜園では、どんな野菜を作るかが楽しみの1つでもあります。 ■菜園で作る野菜の選び方のポイント ・食卓に並べやすく、いつも良く購入している野菜を育て …

no image

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。 トマトの …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント