初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園で育てやすい野菜 家庭菜園栽培の基本

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

投稿日:

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。
野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、
さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

また、この栽培期間が短ければ短いほど、管理の時間が少なくなり、
追肥などのお手入れの手間が省けるため、育てるのが簡単であると言えます。
病害虫防除の点から見ても同じ事が言えますので、初心者の方はまず、
栽培期間の短い野菜より、チャレンジしてみると良いかと思います。

一般的には、葉菜類が栽培期間が短いとされている野菜の種類です。
若い葉を食べるルッコラや、ほうれん草、小松菜などがその代表例です。
家庭菜園 ホウレンソウ
適期に種まきを行えば、約1ヶ月?1ヶ月半ほどで収穫が出来るので、
すぐに家庭菜園の醍醐味を味わうことが出来るというメリットもあります。

スポンサーリンク

また、シュンギクのように生育中に育った茎葉を取りながら食べれるものもあり、
間引きと収穫を1度に楽しむことが出来る野菜もあります。

根菜類の中で、栽培期間が短いのが二十日大根です。
大体、適期に種まきを行えば1ヶ月以内に収穫することが出来ます。
小かぶなども、栽培期間の短い野菜ですので、育ててみてはいかがでしょうか?

果菜類に関しては、栽培期間の長いものがほとんどとなります。
同じトマトや、ナスでも品種によっては、栽培期間が異なるものがありますので、
そういったところに注目しながら、品種を選ぶのも1つの方法です。
家庭菜園 ナス
これらの野菜は全て、種袋の裏面に、栽培期間や、種まきの適期などの、
情報が掲載されていますので、そちらを見ながら野菜を選んでいきましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園で育てやすい野菜, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

良い種の選び方|種袋の見方3つのポイント

ホームセンターやコンビニなどでも手軽に手に入れることが出来る種の袋ですが、裏側には様々な情報が掲載されています。 その中でも今日は3つのポイントに絞って、紹介したいと思います。 ・耐病性家庭菜園が初心 …

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

no image

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、 作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要 …