初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園で野菜がうまく育たない原因|水やり・肥料不足・肥料過多など

投稿日:

生育不良は、病気や害虫、害獣による被害だけではありません。
野菜の生長が著しくない場合は、上記の原因以外にも、
原因が考えられることを頭に入れて、対処法を考える必要があります。

スポンサーリンク

 

病害虫以外の生育不良の原因とは?

 
 
日照時間の不足、気温の低すぎ、高すぎ、暴風、梅雨や台風などの防雨、
このようなことでも、野菜の生長に大きく影響が出る場合があります。
 
 
天候による変化には敏感である野菜も多くありますので、
まずは、こういった原因を探ってみると良いかと思います。
 
 
それ以外の原因としては、水やり・肥料不足・肥料過多などがあります。
水・肥料は、少なすぎても、多すぎても生育を阻害することになるので、
適量にすることを基本とします。
 
 

スポンサーリンク

連作障害の可能性はないか?

 
 
生育不良の原因の1つに、連作障害があります。
連作障害というのは、同じ科や、同じ野菜を同じ畑で育てることによって
起こる障害のことです。
 
 
気をつけている人は多いと思いますが、トマトやナスなどの場合、
最低でも5年は、期間をあけなければ連作障害が出る可能性がありますので、
こういった観点からも、考えてみてください。
 
 

その他の原因として考えられること

 
 
土壌の成分の偏りや、不足、酸度の問題、雑草なども原因の1つです。
また、原因は1つではなく、2?3個が重なっておきている場合もあるため、
生育不良となっている場合は、全体から考えるようにしてください。
 
 
原因が分からなければ、対処法を考えることもできません。
日頃から、管理の徹底、防除、観察につとめるようにして、
生育不良とならないように、注意してください。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

野菜つくり

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、 紹介したいと思います。 スポンサーリンク 畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、 蒔く場合などに使わ …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

野菜つくり

栽培期間の長い野菜

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、 栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。 ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかると …

カテゴリー

最近のコメント