ホーム » 家庭菜園栽培の基本 » 支柱立て

スポンサードリンク

支柱立てカテゴリの記事一覧

家庭菜園での支柱の立て方と注意点

キュウリや、サヤインゲンなど、つる性の野菜を育てる時には、
つるを誘引することのできる「支柱」を用いて、野菜の管理を行います。


この支柱の差し方ですが、地面に差し込む時に根っこを傷つけないよう、
苗から少し離して支柱を立てることをお勧めします。


苗のすぐ近くに支柱を立てると、根っこに支柱のダメージが加わり、
生育を阻害してしまう場合があるからです。


目安は大体、株より15センチほど離して支柱を地面に差し込みます。
もちろん、この距離が離れすぎてしまっては、野菜を支えることができなくなるので、
ちょうど良い距離に設置するのが、基本です。


スチール製の支柱に、ビニールで覆ってある一般的なものは、
先端が尖ったほうを、土の中に入れるようにします。
逆にすると、大変危ないので、向きは確認するようにしてください。


支柱の大きさはさまざまで、大きいものは3メートルほどのものもあります。
栽培する野菜がどれだけ伸びるものなのかを、大体把握して、
差し込む部分(約30センチ)を考慮し、購入してみてください。


ピーマンやナスなどであれば、1.5メートルほどの長さの支柱を、
キュウリやトマトなどであれば、2メートル以上ある支柱を選ぶようにしてください。


野菜それぞれの特徴や、家庭菜園のスペースなどを考えて、
支柱の差し方についても、考えていきます。
一般的なのは直立式ですが、合掌式などを使った菜園も良く見かけます。


支柱に上手く誘引することができれば、管理が楽になりますし、
生長を安心して見守ることができます。
スポンサードリンク

家庭菜園で支柱が必要な野菜|支柱の役割と効果

家庭菜園では、さまざまな道具を用いて野菜を育てていきます。そのうちの1つが支柱で...

続きを読む

支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、サツマイモなどのつる...

続きを読む

キュウリの支柱の役割|風通しが良くなるなど様々なメリット

キュウリの栽培には、支柱を使うというのが一般的となっていますが、昔の日本では、地...

続きを読む

家庭菜園でオクラを上手に育てるための手入れ方法と害虫防除

オクラの発芽後、1つのくぼみごとに3株程度になるように間引きした後は、そのまま育...

続きを読む

Return to page top