支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、
サツマイモなどのつる性の野菜を、比較的狭いスペースでも育てることが出来ます。

どうしてもこれらの野菜を育てたいのに、スペースが足りないという場合は、
下記を参考にしてみてください。

■行灯(あんどん)仕立てを使って育てる方法

輪のようになっている、支柱を使えば螺旋状につるが伸びるため、
比較的、省スペースで野菜を育てることが出来ます。

この方法は行灯仕立てと呼ばれ、都心の家庭菜園や、
庭の限られたスペース、ベランダなどで菜園を楽しむ方に良く用いられています。

また、育てる品種も注目したいところです。
最近は、ミニサイズの品種がたくさんあります。

ミニトマトを筆頭に、マクワウリ、小玉スイカ、ミニカボチャ、ミニダイコンなど、
通常より、はるかに小さい品種が出回っています。

これらの品種を選ぶことで、より省スペース効果があります。
行灯仕立てでこれらの野菜を育ててみてはいかがでしょうか?

■緑のカーテンを作り、スペースを節約、日除け効果も

キュウリや、ゴーヤなどは軒下にネットを使ってつるを上へ上へと、
伸ばすようにします。これは、緑のカーテンとも呼ばれ、日除け効果が高く、
節電対策としても、話題になりました。

既に自宅にフェンスがある場合は、それに絡ませたり、
トレリスを設置するなどすると、ヨーロピアンガーデンのような、
おしゃれな家庭菜園を作り出すことも出来、とてもお勧めです

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 支柱立て
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました