初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 支柱立て

支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

投稿日:

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、
サツマイモなどのつる性の野菜を、比較的狭いスペースでも育てることが出来ます。

どうしてもこれらの野菜を育てたいのに、スペースが足りないという場合は、
下記を参考にしてみてください。

■行灯(あんどん)仕立てを使って育てる方法

輪のようになっている、支柱を使えば螺旋状につるが伸びるため、
比較的、省スペースで野菜を育てることが出来ます。

この方法は行灯仕立てと呼ばれ、都心の家庭菜園や、
庭の限られたスペース、ベランダなどで菜園を楽しむ方に良く用いられています。

また、育てる品種も注目したいところです。
最近は、ミニサイズの品種がたくさんあります。

ミニトマトを筆頭に、マクワウリ、小玉スイカ、ミニカボチャ、ミニダイコンなど、
通常より、はるかに小さい品種が出回っています。

これらの品種を選ぶことで、より省スペース効果があります。
行灯仕立てでこれらの野菜を育ててみてはいかがでしょうか?

■緑のカーテンを作り、スペースを節約、日除け効果も

キュウリや、ゴーヤなどは軒下にネットを使ってつるを上へ上へと、
伸ばすようにします。これは、緑のカーテンとも呼ばれ、日除け効果が高く、
節電対策としても、話題になりました。

既に自宅にフェンスがある場合は、それに絡ませたり、
トレリスを設置するなどすると、ヨーロピアンガーデンのような、
おしゃれな家庭菜園を作り出すことも出来、とてもお勧めです

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 支柱立て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

no image

家庭菜園の野菜を間引きして大きく育てる

家庭菜園で種まきから育てた野菜は生育段階で何回か間引きしながら育てます はじめのうちはどの株を間引きしたらいいのかわかりにくいかもしれませんが難しく考えるころはありません スポンサーリンク 野菜をよく …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

カテゴリー

最近のコメント