初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 支柱立て

支柱立て|風で倒れたり、折れたりするのを防ぐ

投稿日:

ilm02_ba05005-s.jpg

家庭菜園の野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、
風で倒れたり折れやすいものが多いです。 

トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、
ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、
葉菜類ではツルムラサキなども支柱が必要です。 

支柱の立て方には、直立式や合掌式などがあります

スポンサーリンク

直立式は立てるのが難しく倒れやすいので、
合掌式がよいでしょう。

2本の棒を山形になるように地面に刺し、
上部に地面に平行に棒を渡し、
針金やヒモでしっかりと縛りつけます。

野菜の生育や果実肥大等によって
重さが増してきたら斜めに棒を渡して補強します。

エンドウやツルインゲン、キュウリなどの
ツル性の野菜ではネットを展張します。

支柱への結び方は、植物を傷めないように余裕を持たせて
8の掌状になるようにおこないます。

結束には、ビニルヒモや麻ヒモなどを使用します。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 支柱立て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

no image

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。 南関東のほとんどは、温 …