初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ナスの育て方 支柱立て

ナスの仕立て方・誘引|家庭菜園でのナスの育て方

投稿日:

わき芽をとり、側枝の本数や方向を整えることを仕立てるといいます
作物によっていろいろな仕立て方がありますが
ナスの場合は2本仕立て、3本仕立てにすることが多いです

スポンサーリンク

ナスは本葉が7-8枚ついたところで、最初の花(1番花)が咲きます
1番花の下方のわき芽は側枝として残す芽以外は全部摘み取ります
ナス 芽かき

一番最初に咲く花は実が着き始めると養分が実を大きくさせるのにつかわれ、
まだ十分に発達していない根や茎に負担をかけてしまうので
花のうちまたは実がまだ小さいうちに摘み取ります。

ナスが風で倒れるのを防ぐために支柱を立てます
ナスの枝の方向に沿って、しっかりと支えることができれば
とくに本数や形にこだわる必要はありません
ナスの場合は2本仕立てまたは3本仕立てが一般的です

立てた支柱にナスの枝を引き寄せひもで縛ります
きつすぎるとナスの成長の妨げになりますので
ひもに少しゆとりを持たせることがポイントです

スポンサーリンク

 ナスの種まき 

ナスの育苗・鉢上げ

ナスの定植

ナスの仕立て方・誘引

 

スポンサーリンク

-ナスの育て方, 支柱立て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キュウリの支柱の役割|風通しが良くなるなど様々なメリット

キュウリの栽培には、支柱を使うというのが一般的となっていますが、昔の日本では、地べたに這わせるようにして、キュウリを栽培することも、多くあったと言われています。 ⇒キュウリの栽培特性 しかし、地這栽培 …

家庭菜園 ナス

ナスの実が大きくならない原因|なり疲れ、肥料不足の可能性が高い

ナスは暖かくなるにつれ、紫色の形の良いものが形成されていき、 順次収穫をすることが出来ます。 スポンサーリンク やがて株の勢いも落ち着いていき、実止まりが悪くなり、 収穫量も減っていきますので、6月、 …

家庭菜園 キュウリ

キュウリの支柱立てと誘引|おいしいきゅうりの育て方

キュウリを植えつけてから乾燥しすぎてない状態であれば 雨だけでほとんど水をあたえすに育てます 2―3週間ほどでキュウリの苗がよく根付いてきたら 寒冷紗や風除けをはずし、本支柱をたてます スポンサーリン …

no image

家庭菜園で支柱が必要な野菜|支柱の役割と効果

家庭菜園では、さまざまな道具を用いて野菜を育てていきます。そのうちの1つが支柱です。支柱は、つる性の野菜を誘引して育てることに使われる道具となるので、キュウリや、インゲン、トマトなどに使います。 こう …

no image

支柱立て|風で倒れたり、折れたりするのを防ぐ

家庭菜園の野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。  トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類で …

カテゴリー

最近のコメント