初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ナスの育て方 肥料・堆肥

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

投稿日:

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。
肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。

ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥)
ナスの葉がしっかり光合成できるように成長を手助けしてあげましょう。

スポンサーリンク

また乾燥も病気や実の品質低下を招く環境をつくります。
まがったようなナスは栄養や水分不足、病害虫の影響で
光合成のバランスがくずれるとできてきます。

気温がだんだんと上がってくる時期は
肥料切れと水分不足に注意しましょう。

追肥にはぼかし肥や油粕などの肥料を使います。
分量はナスひと株あたり一握り程度です。

ナスの茎や根に直接触れないように
株の周りに肥料を与えます。

追肥をしたら必ず水をやり
肥料を十分に地中にしみ込ませます。

肥料が切れると、葉が下のほうから黄色く枯れてきます。
鮮やかな緑からだんだんと色が薄くなり
黄色くなってきたら肥料切れのサインです。

ナス 下葉の黄化

 ナスの種まき 

ナスの育苗・鉢上げ

ナスの定植

ナスの仕立て方・誘引

スポンサーリンク

-ナスの育て方, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナスの育て方・栽培方法|たくさんが実がなる人気の夏野菜

ナスは、中国から日本に渡来したものですが、 原産地はインド東部といわれています。 ここからミャンマー等を経て中国に入り、 スポンサーリンク 今から1500年前には中国で かなり広くナス栽培されていまし …

no image

野菜の種類と肥料の量|収穫する野菜の種類によっても必要量は異なります

肥料の三要素は、窒素・リン・カリの3つで、それぞれN・P・Kと表記されます。育てる野菜の種類によって、このN・P・Kの量は異なりますので、この必要量を正しく守り、育てることが重要となります。 例えば、 …

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

カテゴリー

最近のコメント