初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

微量要素 肥料・堆肥

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

投稿日:

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と
二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています

しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、
マンガン(Mn)、ホウ素(B)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、
モリブデン(Mo)、塩素(Cl)などがあります

微量要素の吸収量は三要素、二次要素と比べるととても少ないのですが
植物体内で重要な生理作用の役割を担っています

植物体内における微量要素含量はいろいろな要因で変動し、
欠乏症と過剰症は微妙に変化してあらわれます

スポンサーリンク

欠乏すると植物特有の欠乏症状は
おもに葉、茎などにあらわれ生育が阻害されます

マンガンを主成分とする微量要素肥料には、硫酸マンガン、鉱さいマンガンなどがあり
ホウ素を主成分とする肥料には、ホウ酸やホウ砂などがあります

⇒亜鉛は野菜だけでなく人間にも効果的

⇒家庭菜園の肥料の知識

スポンサーリンク

-微量要素, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

カテゴリー

最近のコメント