初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますが
このような有機物は直接植物が吸収することはできません

土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、
有機態窒素はアンモニウム態、または硝酸態窒素になってから植物に吸収されます
また有機リンは無機リン酸になってから初めて植物に吸収されます

無機質の肥料の成分はそのまま吸収できる形態であるのに対して、
有機質肥料では分解に時間がかかるだけ効果はおそくなり、
施肥直後に濃度障害が出る可能性も少なくなります
肥料成分含量が低いため、施肥むらになりにくいのも特徴です

スポンサーリンク

肥料として使える有機物にはほかの用途との競合があります
食料や飼料になる有機物は価格的に高くなり肥料には使えません
大豆かすは食品になり、なたねかすも飼料用が増えています

最近では食品工業などからでる有機性廃棄物の利用が
循環型社会をつくるために見直されています
しかしこれらのについては品質や供給の安定性、安全性についてなど
注意しなければいけない点も多くあります

化学肥料の効果は速効的なものが多く、成分含量も高濃度です
工業的に大量につくられるため供給は安定しています

有機質肥料は効果があらわれるためには土壌中でまず分解する必要があり
そのため効果はゆるやかで成分含量も低いのですが、濃度障害などの失敗は少なくなります

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

野菜つくり

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 消石灰 5kg この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させてい …

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

肥料の3大要素を覚えよう|家庭菜園の肥料の知識

野菜には、必要な元素というものがあります。野菜の中には、約50種類以上もの元素があると言われていますが、そのうち、必須となるのは17種類です。 この17種類の必須元素は、野菜が生命活動を行うのに欠かせ …

no image

肥料の三大要素|化成肥料と有機質肥料

肥料を使えば、よりたくさんの野菜を収穫でき、野菜を美味しく食べることができます。土にもたくさんの種類がありますが、肥料もたくさんの種類がありますので、家庭菜園初心者の方は、どれを選べばいいか迷ってしま …