初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますが
このような有機物は直接植物が吸収することはできません

土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、
有機態窒素はアンモニウム態、または硝酸態窒素になってから植物に吸収されます
また有機リンは無機リン酸になってから初めて植物に吸収されます

無機質の肥料の成分はそのまま吸収できる形態であるのに対して、
有機質肥料では分解に時間がかかるだけ効果はおそくなり、
施肥直後に濃度障害が出る可能性も少なくなります
肥料成分含量が低いため、施肥むらになりにくいのも特徴です

スポンサーリンク

肥料として使える有機物にはほかの用途との競合があります
食料や飼料になる有機物は価格的に高くなり肥料には使えません
大豆かすは食品になり、なたねかすも飼料用が増えています

最近では食品工業などからでる有機性廃棄物の利用が
循環型社会をつくるために見直されています
しかしこれらのについては品質や供給の安定性、安全性についてなど
注意しなければいけない点も多くあります

化学肥料の効果は速効的なものが多く、成分含量も高濃度です
工業的に大量につくられるため供給は安定しています

有機質肥料は効果があらわれるためには土壌中でまず分解する必要があり
そのため効果はゆるやかで成分含量も低いのですが、濃度障害などの失敗は少なくなります

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …

肥料 三大要素 窒素

肥料の三大要素|窒素N・リン酸P・カリK

肥料の三大要素とは窒素(N)リン酸(P)カリ(K)のことです。植物が育つためにはいろいろな栄養素がありますがとくにこの三大要素が重要となります。簡単に言うと窒素は体つくりの基本材料、リン酸は植物の活力の素、カリは植物体内の調整役になります。植物ごとの特性に合わせて上手に肥料を与えていきましょう。

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

no image

肥料の三大要素|化成肥料と有機質肥料

肥料を使えば、よりたくさんの野菜を収穫でき、野菜を美味しく食べることができます。土にもたくさんの種類がありますが、肥料もたくさんの種類がありますので、家庭菜園初心者の方は、どれを選べばいいか迷ってしま …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

カテゴリー

最近のコメント