初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

投稿日:

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。
これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。

必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、
欠乏症を起こしますので、バランス良く必須元素を与える必要があります。

欠乏症の症状は、それぞれの必須元素の欠乏で異なりますので、
下記を参考に、何が不足しているのかを見極めて対策を練りましょう。

■窒素の欠乏による症状

窒素はタンパク質の材料となります。
そのため、葉が小さくなる、なかなか生長しないなどの症状が出ます。
また、葉緑素の生成もできなくなるため、葉の色が落ち、黄色っぽくなったりします。

■リンの欠乏による症状

下の葉より症状が現れ出すのが特徴です。
葉の緑色が濃くなったり、紫のように変色することもあります。
また、根や葉の生長が落ち、花色など開花、果実、種などに影響が出ます。

スポンサーリンク

■カリの欠乏による症状

リン同様、下の葉より症状が現れ出すのが特徴です。
葉が黄色くなる、褐色化する、開花が遅れるようになるといった症状、
病気になりやすくなる、寒さなど気温の変化に弱くなるといったことも挙げられます。

■カルシウムの欠乏による症状

葉の周りが褐色化し、形が変化する場合もあります。
また、根の先端が枯死してしまうこともあります。
生育の大きく影響する症状となりますので、注意してください。

■マグネシウムの欠乏による症状

葉脈の間が、白っぽくなったり、黄色っぽく変色することがあります。
古い葉より順番に症状が出るのも、特徴です。

■欠乏症が見られたら?

なるべく早く、不足している元素を含む肥料を施します。
速効性の高い、液体肥料を用いるのも1つの有効手段です。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …