初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

投稿日:

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。
これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。

必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、
欠乏症を起こしますので、バランス良く必須元素を与える必要があります。

欠乏症の症状は、それぞれの必須元素の欠乏で異なりますので、
下記を参考に、何が不足しているのかを見極めて対策を練りましょう。

■窒素の欠乏による症状

窒素はタンパク質の材料となります。
そのため、葉が小さくなる、なかなか生長しないなどの症状が出ます。
また、葉緑素の生成もできなくなるため、葉の色が落ち、黄色っぽくなったりします。

■リンの欠乏による症状

下の葉より症状が現れ出すのが特徴です。
葉の緑色が濃くなったり、紫のように変色することもあります。
また、根や葉の生長が落ち、花色など開花、果実、種などに影響が出ます。

スポンサーリンク

■カリの欠乏による症状

リン同様、下の葉より症状が現れ出すのが特徴です。
葉が黄色くなる、褐色化する、開花が遅れるようになるといった症状、
病気になりやすくなる、寒さなど気温の変化に弱くなるといったことも挙げられます。

■カルシウムの欠乏による症状

葉の周りが褐色化し、形が変化する場合もあります。
また、根の先端が枯死してしまうこともあります。
生育の大きく影響する症状となりますので、注意してください。

■マグネシウムの欠乏による症状

葉脈の間が、白っぽくなったり、黄色っぽく変色することがあります。
古い葉より順番に症状が出るのも、特徴です。

■欠乏症が見られたら?

なるべく早く、不足している元素を含む肥料を施します。
速効性の高い、液体肥料を用いるのも1つの有効手段です。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。 ■窒素 窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、同化作用を促進するはたらきが …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

カテゴリー

最近のコメント