初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

野菜の種類と肥料の量|収穫する野菜の種類によっても必要量は異なります

投稿日:

肥料の三要素は、窒素・リン・カリの3つで、それぞれN・P・Kと表記されます。
育てる野菜の種類によって、このN・P・Kの量は異なりますので、
この必要量を正しく守り、育てることが重要となります。

例えば、生育期間の短い野菜がありますよね。
生育期間の短い野菜は、家庭菜園初心者にとても人気が高いですが、
生育期間の短い野菜であればあるほど、肥料は少なくて済みます。

逆に、生育期間が長いものは、肥料も多く必要で手間がかかると言えます。
元肥だけではなく、追肥施して、途中で肥料を追加することも必要です。

また、収穫する野菜の種類によっても必要量は異なります。
根を収穫するダイコンや、ニンジンなどの根菜類は、窒素・カリだけでなく、
リン酸分も多く必要とします。

スポンサーリンク

トマトやナスなどの果菜類も同じく、窒素・カリだけではなく、
リン酸分が多く必要です。

しかし、茎や葉を収穫する葉菜類の野菜は、窒素の割合が重要となります。
このように、それぞれの野菜の種類でも必要量が大きく変わってきます。

■木ぼけ、蔓ぼけとは?

植物が生長する時には、窒素が重要となりますが、
開花や、実をならせるには、窒素を切らし気味にしてリン酸の肥料効果を、
高めてあげる必要があります。

しかし、窒素分の効果がありすぎてしまうと、茎葉ばかりが育ち、
花が咲かない、実がならないといった失敗に行き着きます。
このことを、木ぼけ、蔓ぼけと呼びます。

葉菜類は窒素が重要となりますが、花蕾を収穫するものなど、
リン酸が重要となるケースがありますので、育てる野菜に適した肥料の、
必要量を確認した上で、肥料を施しましょう。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

野菜つくり

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 消石灰 5kg この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させてい …

家庭菜園 ナス

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。 肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。 スポンサーリンク ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥) ナスの葉がしっかり光合成でき …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

リン酸 肥料

リン酸肥料とは|肥料の三大栄養素(P)の効果

スポンサーリンク リン酸の必要性 リン酸は生命現象に関連の深い元素のひとつであり、植物体のあらゆる部分に存在します。 とくに生育や活動のさかんな芽や根の先端に多く含まれます。 リンは植物体のいろんな化 …

カテゴリー

最近のコメント