初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

投稿日:

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに
必要な成分が含まれています。

肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には
次のような特徴があります。

窒 素(N):野菜の茎や葉をつくり、生育を進める。
       特に葉菜類や果菜類に必要とする。

りん酸(P):成長の盛んな部分や花・菅一種に影響する。
       根の伸長を促進したり、果菜類の食昧を向上させる。

スポンサーリンク

加 里(K):葉や茎を強くする効果がある。
       果実の着きや肥大を促進したり、
       窒素が効きすぎた場合には肥効を抑える慟きもある。
       サツマイモなどのイモ類には特に必要な成分である。

窒素、リン酸、カリウムのほかにも比較的たくさん必要とされる要素が
カルシウムとマグネシウムです

石 灰(Ca):カルシウムのことです
        野菜が生育しやすい土壌にする。
        これは土の酸性を中和して肥料の吸収をよくし、根の張りもよくする。

苦 土(Mg):マグネシウムのことです
        葉緑素を作り、不足すると葉脈間が黄色くなる。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

no image

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、 作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要 …

no image

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

一般的に農業や園芸の分野では、食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を野菜と呼びます イチゴ、メロン、スイカも草木性のため野菜として扱われます 日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱ってい …

カテゴリー

最近のコメント