初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土作りの手順 家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作り手順2 緑肥を入れる|長い目で見た土つくり

投稿日:

土作りの手順2 緑肥を入れる

緑肥とは雑草や野菜の食べない部分など
植物をそのまま肥料に利用したものです

ゆっくりと時間をかけて効いていく緑肥は
将来のための貯蓄のようなものです

かならずやらなければいけないことではありませんが、
家庭菜園の畑があいている植え替えのタイミングで
緑肥を入れるとよいでしょう

毎年計画的に少しずつ場所を変えて深い部分の土も肥やしていきましょう

緑肥を入れる手順1

スポンサーリンク

畑や家の周りの草を刈り、緑肥を集めます
庭に落葉樹があるのなら、落ち葉を集めておくのもよいでしょう

緑肥を入れる手順2

緑肥を入れる場所を決めて、深さ60センチくらいの溝をほります

緑肥を入れる手順3

緑肥を溝に入れて寄せておいた土をかぶせます

緑肥がない場合は腐葉土を使いましょう

⇒家庭菜園の土作りの手順3

スポンサーリンク

-土作りの手順, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

野菜つくり

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? スポンサーリンク

家庭菜園 土起こし

家庭菜園の土作り手順1 土おこし|畑全体を天地返しして柔らかい土にする

土作りの手順を紹介します。土作りの目的は大きく分けて二つあります。一つは植物に必要な養分を補うことです、二つ目は長く野菜が育てられるように土壌環境を作ることです。

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

no image

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

日本の土壌は酸性土壌なので、 一般には土壌改良材を利用して 野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、 大部分の養分はpH6?7で水に解 …