初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土作りの手順 家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作り手順3 うね作り|高く盛り上げるよりも通路をつくる感覚

投稿日:

土作りの手順3 うねを作る

うねというと土が盛り上がった細長い形が想像できますね
しかしうねを立てるほど野菜が植えられない法面がたくさんできてしまい
家庭菜園の限られた畑の使い方としてはもったいないです

家庭菜園の畑ではうねを立てるというよりは
通路をつくるような感じで作業しましょう

作業のしやすさと面積効率を考えたうね作りをします

スポンサーリンク

うねを作る手順1

畑の形がわかるようにロープを張り、
うねと通路の位置を決めて境目にテープを張ります

畑の中の野菜が植えられる部分を多くするため
通路の面積を少なくなるようにしましょう

手が届いて作業のしやすいうね幅は80センチくらいです
また通路はかがんで作業できるような幅が40センチくらいです

うねを作る手順2

畑の通路部分を草かきなどで土を左右に振り分ければ
自動的にうねの部分ができます

うねになる部分はレーキでならします

スポンサーリンク

 

最近ではカセットコンロのガスで動く耕運機もあります
すごいですね

⇒家庭菜園の土作り手順4

スポンサーリンク

-土作りの手順, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

no image

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは なんといっても土つくりです。 化成肥料や農薬を使いたくないという方には 元肥の役割が重要となってきます。 家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。 ひと …

no image

野菜作りでは土作りが大切

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆ 植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、 下半身にあたるのが根です。 地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、 地下にある根は忘 …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

カテゴリー

最近のコメント