初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

土壌のEC値は簡単に測定できます|家庭菜園の土つくりは土壌診断から

投稿日:

土作りは、闇雲に必要となるものを入れるだけでは効果が発揮されません。
まずは、その土地の土壌診断を行い、現在の土の状態はどうなっているのか、
pH(酸度)はどうか、肥料成分はどれくらい含まれているのかを知る必要があります。

その後、その土壌に適した改良が必要になります。
そのため、違う土地であれば必要となる肥料の種類は全く異なるものとなるわけです。

自宅でも、pHとEC値は簡単に測ることが出来ますので、
まずは、土の状況がどうなっているのかを、確認してみてください。

■EC値とは?

EC値というのは、電気伝導度のことで、硝酸態窒素の量、濃度に比例するため、
EC値を測ることが、土の中の窒素分を調べる方法になります。

ECメーターという機器が、通販サイトや、園芸店などで販売されているので、
是非、チェックしてみてください。

■pHとは?

スポンサーリンク

pHというのは、酸度のことですが、薬局などでも販売されている、
pH試験紙、pH指示薬などを使って調べることが出来ます。

⇒アースチェック液の使い方

■EC値とpH値の目安

EC値にしろ、pHにしろ、野菜の種類に応じて最適となる数値に、
違いがありますので、それぞれの野菜が好む、EC値、pHを調べてみると良いでしょう。

ちなみに、アスパラガスの場合は最適EC値が0.1?0.4ほど、
酸性に弱いといえるため、pH6.0?7.0ほどが理想となります。

これ以外の項目についても、器具を使って調べることができるものもありますので、
家庭菜園に慣れてきたら、使ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

家庭菜園 ダイコン

大根の畑の準備・土つくり|おいしいダイコンの育て方

秋まきダイコンの畑の準備は種まきの2週間前までに行います ナスやピーマンなどの夏野菜を片づけたら 完熟堆肥をすきこんでおきます スポンサーリンク 紀州産杉ヒノキ樹皮原料のバークたい肥バーク堆肥14L …

野菜つくり

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? スポンサーリンク

no image

よい土壌の条件|家庭菜園で上手に野菜を育てるには?

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。 よい土壌とは・・・・・ 水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。良い微生物が繁殖している …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …