初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

投稿日:

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、
過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。

植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカの、
団粒構造の土を作り出すことが出来ます。

スポンサーリンク

しかし、植物質堆肥はなかなか自分で作ることはできませんし、
入手しにくいと言えます。
そのため、少なくとも、1平方メートルあたり2?3キロほどは、
1年に1度施せるように前もって、準備しておきましょう。

1年に1度、その程度でも施しておけば、土の状態は保たれ、
土壌有機物の多く、団粒構造の良い畑を作っていくことができます。

植物質堆肥を施す目安は、冬?春にかけてです。
全面に散らすようにして、しっかりと均等になるよう混ぜ合わせます。

スポンサーリンク

一緒に過リン酸石灰を全体の5パーセントほど入れておくと、
より、効果に期待できます。

家畜糞堆肥を使う場合は、肥料の施しすぎに注意します。
窒素分、カリ分の多い家畜糞堆肥は、1度に入れすぎてしまうと、
生長が茎や葉に集中し、開花や結実が見られなくなってしまいます。

土作りは、作付の前に行いますが、1平方メートルあたり20グラムほど、
牛糞、鶏糞などの違いにより多少の量は異なりますが、
多すぎないように充分に注意してください。

また、石灰や熔リンなどと一緒に与えないように注意し、
土作りの基本を忘れないようにしましょう。

未熟な堆肥を施すと、野菜作りに失敗してしまいますので、
堆肥を施す時は、充分に完熟した堆肥を使うようにしてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

カテゴリー

最近のコメント