初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

投稿日:

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。
しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。

ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、
pHの数値を計測した上で、土作りをするのが効率的だと言えます。

しかし、なかなか家庭菜園ではこのような計測をするのに、
手間や機器の購入資金がかかりますので、野菜の生育状況を見ながら、
土作りを進めていく方法が無難だと言えます。

■茎は伸びているのに、花が咲かない・実がならない場合

このような生育状況にある場合は、窒素が過剰にありすぎていることが原因だと言えます。
また、ジャガイモなど生長は見えているのにイモ自体の生長が見られない、
そんな場合も、窒素が過剰である場合となります。

スポンサーリンク

■上の葉より、緑色が薄くなってきている、葉脈の間が白っぽくなった場合

このような生育状況にある場合は、窒素・リン・カリ・カルシウム・マグネシウムの、
5要素や、微量要素のどれかが不足していることが原因となります。

■ゼニゴケが生え始めた、スギナ、オオバコの雑草が生える場合

ゼニゴケや、上記に挙げたような雑草が生えている場合は、
酸性が強い土だと言えます。

ECメーターは10000円?15000円ほどしますが、pH試験紙は、
安価で手に入れることが出来るので、計測してみるのが良いでしょう。

■酸性が強い土地を苦手とする野菜

タマネギやエダマメ、ニンジン、ほうれん草などは、酸性を嫌います。
pHを測定してみて、理想の数値で育ててあげるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

no image

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは なんといっても土つくりです。 化成肥料や農薬を使いたくないという方には 元肥の役割が重要となってきます。 家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。 ひと …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

no image

土の団粒化とは

一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。 単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。 しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根 …

no image

家庭菜園に改良材を施用して土壌のpHを整える

日本の土壌は酸性土壌なので、一般には土壌改良材を利用して野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、大部分の養分はpH6?7で水に解けるこ …

カテゴリー

最近のコメント