初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

投稿日:

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、
具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

団粒構造の作り方

団粒構造の土を作るには、細かい粒子を結びつき合わせて、
団粒と呼ばれるかたまりを作ってあげることが必要です。

この粒子と粒子を結びつける役割があるのが、腐食と生有機物です。
生有機物は、分解の過程でできる物質、腐食は微生物が有機物を分解した時にできる
最終分解産物です。

そのため、土壌改良を行う場合は、完熟堆肥や、腐葉土といった、
有機物を土に施して、かき混ぜてあげることが必要です。

目安としては、1平方メートルあたり、2キロ-4キロほどが利用です。
均一に散布した後、均等になるように良く混ぜてください。

有機物を土に混ぜるとどうなるのか?

有機物を土に混ぜると、ミミズや昆虫、細菌などの微生物が住みやすくなります。
こうなると、土のお手入れをしなくても、勝手に排泄物や分泌物を得ることが出来、
団粒構造の土へと、変化していくのです。

スポンサーリンク

土壌有機物が少なくなると、また単粒構造へ逆戻り

1度、土壌改良をすれば良いというわけではなく、
団粒構造も野菜を作り、使えば次第にまた、単粒構造へなっていってしまいます。

団粒構造を維持するためにも、作付の前には適した土作りを行うことが大切です。
畑を耕す
空いた畑は良く耕し、雑草や石、前作のゴミなどを綺麗にしておくこと、
寒い冬に寒風に晒し、風化させること、中耕を行うことなども、
団粒構造を維持するのに、大切だと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

プランター栽培に必要な培養土|簡単!家庭菜園

プランター栽培をする場合の容器の基本は、底に排水できる穴があること、一定量の培養土を入れることができるものとなります。 そのため、肥料の入っていたポリ袋を利用したプランター栽培や、発泡スチロール製の箱 …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの土作り|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしは多くの肥料を必要とします 植えつけ場所は日当たりや水はけのよい場所を選びます。 スポンサーリンク とうもろこしの植えつけ前に、堆肥、化成肥料、苦土石灰をまいて 深さ30㎝くらいまで十分に …

no image

家庭菜園で緑肥を投入する|時間をかけての土作り

緑肥とは雑草などの植物をそのまま肥料にしたものです。 家庭菜園でじっくりと時間をかけて効いていく緑肥は 将来のための貯金のようなものになります。 家庭菜園での緑肥は必ずやらなければいけないことではあり …

カテゴリー

最近のコメント