初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

投稿日:

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、
具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

団粒構造の作り方

団粒構造の土を作るには、細かい粒子を結びつき合わせて、
団粒と呼ばれるかたまりを作ってあげることが必要です。

この粒子と粒子を結びつける役割があるのが、腐食と生有機物です。
生有機物は、分解の過程でできる物質、腐食は微生物が有機物を分解した時にできる
最終分解産物です。

そのため、土壌改良を行う場合は、完熟堆肥や、腐葉土といった、
有機物を土に施して、かき混ぜてあげることが必要です。

目安としては、1平方メートルあたり、2キロ-4キロほどが利用です。
均一に散布した後、均等になるように良く混ぜてください。

有機物を土に混ぜるとどうなるのか?

有機物を土に混ぜると、ミミズや昆虫、細菌などの微生物が住みやすくなります。
こうなると、土のお手入れをしなくても、勝手に排泄物や分泌物を得ることが出来、
団粒構造の土へと、変化していくのです。

スポンサーリンク

土壌有機物が少なくなると、また単粒構造へ逆戻り

1度、土壌改良をすれば良いというわけではなく、
団粒構造も野菜を作り、使えば次第にまた、単粒構造へなっていってしまいます。

団粒構造を維持するためにも、作付の前には適した土作りを行うことが大切です。
畑を耕す
空いた畑は良く耕し、雑草や石、前作のゴミなどを綺麗にしておくこと、
寒い冬に寒風に晒し、風化させること、中耕を行うことなども、
団粒構造を維持するのに、大切だと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

no image

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

日本の土壌は酸性土壌なので、 一般には土壌改良材を利用して 野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、 大部分の養分はpH6?7で水に解 …

no image

ポイント1 微生物がたくさん住みつくよい土作りをする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園に堆肥とくに植物性の堆肥をきちんとすきこんで土作りをすると土の中で多くの微生物が活発に活動できる状態になります 本物志向 森で生まれ育った「バーク堆肥」 サンヨーバーク (40L)■広葉樹皮の …

no image

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは なんといっても土つくりです。 化成肥料や農薬を使いたくないという方には 元肥の役割が重要となってきます。 家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。 ひと …

カテゴリー

最近のコメント