初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

投稿日:

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、
透水性が高いという表現をします。

しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、
すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。

排水性が低すぎてしまうと、根腐れの原因ともなりますが、
排水性が高すぎてしまうことも良くないということを、覚えておきましょう。

土の中にある程度のスペースがあり、空気が通りやすくなることを、
通気性が良いと表現します。
排水性が悪くなれば、当然、通気性も悪くなります。

植物も生きていますので、空気が絶対に必要になりますから、
通気性の良い土を作ることも、野菜作りには欠かせないポイントです。

スポンサーリンク

加えて、保水力の高い土であるのが理想です。
保水力・保水性の高い土は、植物の生長に必要な水分を蓄えておけるので、
水分不足になりにくく、土が乾きにくいと言えます。

野菜作りをする土には、肥料を施すことになりますが、
保水力の低い土では、すぐに肥料が流れていってしまいます。
肥料持ちについても、考えておくようにしましょう。

■野菜が生長しやすい土作りのポイント

上記でも説明させて頂いた通り、水はけが良いこと、
通気性が良いこと、水持ち、肥料持ちが良いことが土づくりのポイントになります。

団粒構造の土は、この条件を全て満たす土となりますので、
野菜を作る前は、土壌改良を行い、団粒構造のところへ種をまいたり、
苗を植え付けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは なんといっても土つくりです。 化成肥料や農薬を使いたくないという方には 元肥の役割が重要となってきます。 家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。 ひと …

no image

家庭菜園の土作りで苦土石灰を使う|寒い時期の畑起こし

家庭菜園をはじめる方も多いですが、使える家庭菜園の面積というのは、限られているものであり、そこに他種類の野菜を植え付けることになります。 そのため、野菜農家の方の畑と比べると土が過酷に使われているので …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

よい土壌の条件|家庭菜園で上手に野菜を育てるには?

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。 よい土壌とは・・・・・ 水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。良い微生物が繁殖している …

野菜つくり

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。 この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、 詳しく紹介させて頂きます。 ■単粒構造とは? 砂や粘土などの …

カテゴリー

最近のコメント