初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

投稿日:

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、
透水性が高いという表現をします。

しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、
すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。

排水性が低すぎてしまうと、根腐れの原因ともなりますが、
排水性が高すぎてしまうことも良くないということを、覚えておきましょう。

土の中にある程度のスペースがあり、空気が通りやすくなることを、
通気性が良いと表現します。
排水性が悪くなれば、当然、通気性も悪くなります。

植物も生きていますので、空気が絶対に必要になりますから、
通気性の良い土を作ることも、野菜作りには欠かせないポイントです。

スポンサーリンク

加えて、保水力の高い土であるのが理想です。
保水力・保水性の高い土は、植物の生長に必要な水分を蓄えておけるので、
水分不足になりにくく、土が乾きにくいと言えます。

野菜作りをする土には、肥料を施すことになりますが、
保水力の低い土では、すぐに肥料が流れていってしまいます。
肥料持ちについても、考えておくようにしましょう。

■野菜が生長しやすい土作りのポイント

上記でも説明させて頂いた通り、水はけが良いこと、
通気性が良いこと、水持ち、肥料持ちが良いことが土づくりのポイントになります。

団粒構造の土は、この条件を全て満たす土となりますので、
野菜を作る前は、土壌改良を行い、団粒構造のところへ種をまいたり、
苗を植え付けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

no image

ポイント2 うねを高くして水はけをよくする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で育てるほとんどの野菜は過度の湿気を嫌います 水はけがわるく、いつまでも湿り気のある土は、野菜の根が傷み、いろいろな病気の発生の原因となります 排水性をよくするのであれば土をよく耕して、土の中 …

野菜つくり

土壌のpH測定|野菜作りに土壌のpHは重要

野菜を作るには、畑の土の状態を よく知っておくことが大切です。 スポンサーリンク 初めに土の酸性度に注意します。 土壌酸性値はpH値で表示され、pH4-6を酸性土、 pH8-9をアルカリ土といいます。 …

カテゴリー

最近のコメント