初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

投稿日:

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、
落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、
材料とする堆肥もあります。

それを植物質堆肥といいます。
家畜糞と比べて、肥料分が少ないため、肥料効果は低いと言えますが、
土壌有機物を増やし、腐食することが出来、良い土を作るのに向いています。

スポンサーリンク

■植物質堆肥と腐葉土の種類と特性

・落ち葉堆肥

落ち葉に米ぬかや油粕、骨粉などの有機質肥料を混ぜて腐熟させたものです。
プランター栽培の用土として販売されていることが多く、
野菜、花など、万能型の堆肥です。

・藁堆肥

藁を重ねて長時間腐熟させた堆肥です。
落ち葉堆肥と同様に、野菜にも、花にも適している堆肥です。

・籾殻堆肥

スポンサーリンク

籾殻を長時間かけて腐熟させた堆肥です。
物理性改良効果が高く、野菜にも花にも向いています。

・バーク堆肥

樹木の皮に肥料分を加えて腐熟させた堆肥です。
良く発酵したものを使えば、野菜にも花にも適していると言えます。

・腐葉土

落葉広葉樹の落ち葉を集めて重ね、腐熟させたものです。
草花だけでなく、野菜にも良いとされる堆肥です。

本来、植物質堆肥は窒素分が少なくて済む、草花に適していますが、
野菜にも使える堆肥であり、プランターやコンテナ栽培の用土として使われます。

通気性、排水性、保水性、保肥性が高いので、どんな作物にも合い、
使いやすい肥料を言えるでしょう。

EC値を測定し、家畜糞堆肥ではなく、植物質堆肥を使うことも出来ます。
また、土壌改良効果が高いというのも、良いポイントだと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

カリウム 肥料

カリ肥料とは|肥料の三大栄養素(K)の効果

カリの必要性 野菜は多量のカリを吸収しますが、カリの生理作用や役割については 窒素やリン酸ほどは明らかになっていません。 これはカリウムの大部分が植物体内でイオンの形で 細胞の中に溶けていることに関係 …

no image

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、詳しく説明させて頂きたいと思います。 プランター栽 …

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

肥料 三大要素 窒素

肥料の三大要素|窒素N・リン酸P・カリK

肥料の三大要素とは窒素(N)リン酸(P)カリ(K)のことです。植物が育つためにはいろいろな栄養素がありますがとくにこの三大要素が重要となります。簡単に言うと窒素は体つくりの基本材料、リン酸は植物の活力の素、カリは植物体内の調整役になります。植物ごとの特性に合わせて上手に肥料を与えていきましょう。

カテゴリー

最近のコメント