初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

投稿日:

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。
この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、
詳しく紹介させて頂きます。

■単粒構造とは?

砂や粘土などの細かい粒子がバラバラに積み重なっている状態が、
単粒構造です。

砂で出来た単粒構造は、水はけが良すぎてしまうため、
肥料の持ちや、水持ちが悪くなってしまい、野菜を育てる上では適しません。

粘土で出来た単粒構造も、野菜を育てるには適さない土です。
水はけが悪く、乾燥すると、ガチガチに固まってしまうためです。

■団粒構造とは?

団粒構造というのは、粒子同士が結び合ってる土の状態のことで、
団粒の間にはスペースが出来ます。
内部にもしっかり隙間が出来るので、水はけが良く、通気性が良くなります。

スポンサーリンク

同時に保水力もあるので、水を行き渡らせることが出来、
肥料の持ちが良く、野菜作りに適した土だと言えます。

■野菜をグングン生長させるために

野菜を育てる上で、1番注目したいのは根の部分です。
根がグングン伸びなければ、見えている部分も生長しませんので、
水はけが良く、水や肥料の持ちの良い、団粒構造の土を用意することが大切です。

土壌は、いくらでも改善が可能となります。
単粒構造の土も、手を加えれば、団粒構造となり、野菜が育ちやすい環境を整えることが出来ます。

家庭菜園を作る前、種まきをする前は、土に気を配り、
野菜が育ちやすい土作りをすることを、最重要視しましょう。

⇒植物の生育に必要なもの

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の冬の作業|この時期にしっかり土作りを

本格的な冬を迎えると、家庭菜園は越冬野菜しかなくなってしまいます。 この時期は、空いている畑が必然的に多くなりますので、しっかりと管理を行い、 来年に向けて菜園の状態を良く保っておきましょう。 水はけ …

no image

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

日本の土壌は酸性土壌なので、 一般には土壌改良材を利用して 野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、 大部分の養分はpH6?7で水に解 …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

no image

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、透水性が高いという表現をします。 しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。 …