初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

投稿日:

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、
施肥は重要なお手入れの1つです。

施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、
特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。

重要な作業となりますので、風邪をひかないよう暖かい格好をして
作業をするようにしてくださいね。

冬には肥料を与える他にも、土壌改良をすべき時です。
冬は土壌改良に適している季節なので、この時期にきちんと、
土を良くしてあげると作物が育ちやすくなるのです。

肥料を与えれば、花木の花付きが良くなります。
また、樹木の芽吹きも良くなり、彩りの良い葉っぱを保つことが
出来るようになります。

同じ時に土壌を改良してあげれば、肥料の持ちや、通気性、
水はけなども効果を高めることが出来ます。

スポンサーリンク

土の水はけの悪さが原因で植物の生育状態が悪くなるといったケースも
多いですから、土には十分に気を配りたいところです。

水はけが悪く生育状態が悪くなってしまった土には、堆肥や、
燻炭を与えます。こうすることで、徐々に元気を取り戻すことが
出来ます。

折角、自宅で植物を育てるのであれば無農薬と徹底している人も
多いのではないでしょうか?オーガニックガーデンをつくるのであれば、
化学農薬を使わないために、土が重要となります。

冬の時期は、活動を迎える春までの休止期に当たる事も多いです。
そのため、花木・庭木の生長も停止しているころですので、
この時期にお手入れを行うのがベストだと言えるのです。

また、肥料をたくさん必要とするクレマチスやバラ、レモンなどの
実のなるもの以外の植物であれば、土の豊かな関東地方であれば、
毎年施肥を行う必要はないとも言われています。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 消石灰 5kg この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させてい …

no image

肥料の過剰症について|家庭菜園の肥料の知識

野菜が育つためには、元素が必要分、土に含まれている事が重要です。不足することで欠乏症を起こし、さまざまな障害が現れることもあります。 しかし、過剰に与えすぎても過剰症を引き起こし、欠乏症と同じく、さま …

no image

野菜作りでは土作りが大切

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆ 植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、 下半身にあたるのが根です。 地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、 地下にある根は忘 …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク