初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

投稿日:

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、
施肥は重要なお手入れの1つです。

施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、
特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。

重要な作業となりますので、風邪をひかないよう暖かい格好をして
作業をするようにしてくださいね。

冬には肥料を与える他にも、土壌改良をすべき時です。
冬は土壌改良に適している季節なので、この時期にきちんと、
土を良くしてあげると作物が育ちやすくなるのです。

肥料を与えれば、花木の花付きが良くなります。
また、樹木の芽吹きも良くなり、彩りの良い葉っぱを保つことが
出来るようになります。

同じ時に土壌を改良してあげれば、肥料の持ちや、通気性、
水はけなども効果を高めることが出来ます。

スポンサーリンク

土の水はけの悪さが原因で植物の生育状態が悪くなるといったケースも
多いですから、土には十分に気を配りたいところです。

水はけが悪く生育状態が悪くなってしまった土には、堆肥や、
燻炭を与えます。こうすることで、徐々に元気を取り戻すことが
出来ます。

折角、自宅で植物を育てるのであれば無農薬と徹底している人も
多いのではないでしょうか?オーガニックガーデンをつくるのであれば、
化学農薬を使わないために、土が重要となります。

冬の時期は、活動を迎える春までの休止期に当たる事も多いです。
そのため、花木・庭木の生長も停止しているころですので、
この時期にお手入れを行うのがベストだと言えるのです。

また、肥料をたくさん必要とするクレマチスやバラ、レモンなどの
実のなるもの以外の植物であれば、土の豊かな関東地方であれば、
毎年施肥を行う必要はないとも言われています。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

追肥のタイミングとやり方|肥料は、根の先端に与えるのがポイント

生長すればするほど、野菜は肥料を良く吸収します。 そのため、その吸収に応じられるように肥料を適度に補給してあげるのが 野菜を上手に育てるポイントです。 スポンサーリンク

no image

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てます カブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです 植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥 …

no image

ポイント5 肥料のやりすぎに注意する|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園の野菜は肥料(窒素N)が多いと病害虫の被害を受けるリスクが高まります 肥料は適正に与えれば大丈夫ですが、野菜作りをはじめたばかりで、肥料の与える量が分からない場合は肥料は控えめにと考えていたほ …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

no image

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。 必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、欠乏症を起こしますので、 …

カテゴリー

最近のコメント