初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

投稿日:

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、
施肥は重要なお手入れの1つです。

施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、
特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。

重要な作業となりますので、風邪をひかないよう暖かい格好をして
作業をするようにしてくださいね。

冬には肥料を与える他にも、土壌改良をすべき時です。
冬は土壌改良に適している季節なので、この時期にきちんと、
土を良くしてあげると作物が育ちやすくなるのです。

肥料を与えれば、花木の花付きが良くなります。
また、樹木の芽吹きも良くなり、彩りの良い葉っぱを保つことが
出来るようになります。

同じ時に土壌を改良してあげれば、肥料の持ちや、通気性、
水はけなども効果を高めることが出来ます。

スポンサーリンク

土の水はけの悪さが原因で植物の生育状態が悪くなるといったケースも
多いですから、土には十分に気を配りたいところです。

水はけが悪く生育状態が悪くなってしまった土には、堆肥や、
燻炭を与えます。こうすることで、徐々に元気を取り戻すことが
出来ます。

折角、自宅で植物を育てるのであれば無農薬と徹底している人も
多いのではないでしょうか?オーガニックガーデンをつくるのであれば、
化学農薬を使わないために、土が重要となります。

冬の時期は、活動を迎える春までの休止期に当たる事も多いです。
そのため、花木・庭木の生長も停止しているころですので、
この時期にお手入れを行うのがベストだと言えるのです。

また、肥料をたくさん必要とするクレマチスやバラ、レモンなどの
実のなるもの以外の植物であれば、土の豊かな関東地方であれば、
毎年施肥を行う必要はないとも言われています。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

no image

ポイント2 うねを高くして水はけをよくする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で育てるほとんどの野菜は過度の湿気を嫌います 水はけがわるく、いつまでも湿り気のある土は、野菜の根が傷み、いろいろな病気の発生の原因となります 排水性をよくするのであれば土をよく耕して、土の中 …

カテゴリー

最近のコメント