初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

家庭菜園で緑肥を投入する|時間をかけての土作り

投稿日:

緑肥とは雑草などの植物をそのまま肥料にしたものです。

家庭菜園でじっくりと時間をかけて効いていく緑肥は

将来のための貯金のようなものになります。

家庭菜園での緑肥は必ずやらなければいけないことではありませんが、

家庭菜園全体があいている植え替えの時期におこなうとよいでしょう。

一度に全部やる必要もないので、

毎年少しずつ場所を変えて、
計画的に深層の土も肥やしていきましょう。

家庭菜園への緑肥の入れ方

スポンサーリンク

まず家の周りや、畑の草を刈り、緑肥を集めます。

とうもろこしなどを育てるとそのまま緑肥にもなります「
落葉樹があるようなら日ごろから落ち葉を集めておいても良いでしょう。

家庭菜園で緑肥を入れる場所を決め、深さ50センチくらいの溝を掘ります。

緑肥を投入し、土を元に戻して、緑肥を埋めます。

すこし盛り上がりますが、時間がたつと元に戻ります。

緑肥の投入は必ずやらなければいけないことではないですが、

土を肥やしていきたい場合は少しずつでもやるといいでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは なんといっても土つくりです。 化成肥料や農薬を使いたくないという方には 元肥の役割が重要となってきます。 家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。 ひと …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの土作り|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしは多くの肥料を必要とします 植えつけ場所は日当たりや水はけのよい場所を選びます。 スポンサーリンク とうもろこしの植えつけ前に、堆肥、化成肥料、苦土石灰をまいて 深さ30㎝くらいまで十分に …

no image

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てます カブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです 植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥 …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク