初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

投稿日:

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。
この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい
果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。

しっかりと元肥を入れてあげれば、苗は元気に育ちますし、
たくさんの果実を付けることが出来るようになりますので、早めの段階で
元肥を準備するようにしてください。

スポンサーリンク

また、当然のことですが植えてからは掘り起こせませんので、
植えてからは与えることの出来ない、根っこの張る位置までしっかり
肥料が与えられるように元肥をあげるのがポイントです。

キュウリ・メロン・スイカなどのウリ科の作物の場合は、
根っこが浅く広く張る特徴がありますので、それを考慮した上で、
元肥を入れてください。

⇒キュウリの育て方
<⇒スイカの育て方

スポンサーリンク

また、ピーマンやナス、トマトといったナス科の作物の場合は、
根が深くまで伸びていくようになりますので、それぞれの違いに対し、
適した方法で肥料を与えましょう。

⇒ピーマンの育て方
⇒ナスの育て方<
<⇒トマトの育て方

また、良質の堆肥を使うのは勿論ですが、早めに元肥を入れる場合は
完熟ではなく、中熟くらいのものを与えるようにするのもポイントです。

また、この代わりに乾燥した牛糞やヤシガラ、ピートモスなどを
使っても良いです。これらと合わせて、油粕・有機肥料も入れます。

トマトやスイカの元肥に窒素成分を多く与えてしまうと、
早い内に茎葉だけが育ちすぎてしまい、実がなりにくくなりますので、
化成肥料などには注意するようにしましょう。

この場合は、果実が大きくなってきたな?と感じた頃に、
追肥として肥料を与えるほうが望ましいです。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。 肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。 スポンサーリンク ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥) ナスの葉がしっかり光合成でき …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

カテゴリー

最近のコメント