初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

投稿日:

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。
この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい
果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。

しっかりと元肥を入れてあげれば、苗は元気に育ちますし、
たくさんの果実を付けることが出来るようになりますので、早めの段階で
元肥を準備するようにしてください。

スポンサーリンク

また、当然のことですが植えてからは掘り起こせませんので、
植えてからは与えることの出来ない、根っこの張る位置までしっかり
肥料が与えられるように元肥をあげるのがポイントです。

キュウリ・メロン・スイカなどのウリ科の作物の場合は、
根っこが浅く広く張る特徴がありますので、それを考慮した上で、
元肥を入れてください。

⇒キュウリの育て方
<⇒スイカの育て方

スポンサーリンク

また、ピーマンやナス、トマトといったナス科の作物の場合は、
根が深くまで伸びていくようになりますので、それぞれの違いに対し、
適した方法で肥料を与えましょう。

⇒ピーマンの育て方
⇒ナスの育て方<
<⇒トマトの育て方

また、良質の堆肥を使うのは勿論ですが、早めに元肥を入れる場合は
完熟ではなく、中熟くらいのものを与えるようにするのもポイントです。

また、この代わりに乾燥した牛糞やヤシガラ、ピートモスなどを
使っても良いです。これらと合わせて、油粕・有機肥料も入れます。

トマトやスイカの元肥に窒素成分を多く与えてしまうと、
早い内に茎葉だけが育ちすぎてしまい、実がなりにくくなりますので、
化成肥料などには注意するようにしましょう。

この場合は、果実が大きくなってきたな?と感じた頃に、
追肥として肥料を与えるほうが望ましいです。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。 必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、欠乏症を起こしますので、 …

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …