とうもろこしの土作り|おいしいトウモロコシの育て方

家庭菜園 トウモロコシ とうもろこしの育て方

家庭菜園 トウモロコシ
とうもろこしは多くの肥料を必要とします
植えつけ場所は日当たりや水はけのよい場所を選びます。

とうもろこしの植えつけ前に、堆肥、化成肥料、苦土石灰をまいて
深さ30㎝くらいまで十分に耕します。

種の発芽時に肥料が直接当たるととうもろこしの根が傷みますので
肥料は散布したら丁寧に混和させましょう。

スポンサーリンク

とうもろこしの土作り手順1

畝を立てる場所を決めて、棒を立てておきます。
うね幅は80㎝くらいにします。

とうもろこしの土作り手順2

堆肥をうねの全面にまんべんなくまきます。
同じように化成肥料や苦土石灰もまきます。

スポンサーリンク

⇒消石灰と苦土石灰の使い分け

とうもろこしの土作り手順3

深さ30?くらいまで土を起こして、
堆肥や化成肥料がよく混ざるように耕します

とうもろこしの土作り手順4

うねは10cm位の高さに立てて表面を平らにならします。
発芽温度まで達しないような時期であればマルチングをします。

⇒マルチフィルムの使い方

⇒とうもろこしの栽培特性

⇒とうもろこしの種まき

コメント

タイトルとURLをコピーしました