初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

投稿日:

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは

なんといっても土つくりです。

化成肥料や農薬を使いたくないという方には

元肥の役割が重要となってきます。

家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。

ひとつは今年、これから家庭菜園に植える野菜の生育に直接効かせること、

ふたつめは来年、再来年、もっと先を見ての施肥です。

家庭菜園の準備は植え付けの2週間前までに
済ませておきたいものですね

スポンサーリンク


家庭菜園の土作りで最初におこなう作業が土起こしです。

冬の間眠っていた家庭菜園の土を起こしてあげましょう。

土の状態は前にどんな使い方をしていたかにもよりますが、

昨年作った野菜の根が残っていたり、
長く使っていない土地の場合は、
土がかなり硬くなっているかもしれません。

家庭菜園の土起こしはスコップで
ひと起こし30cmくらいの深さで天地返しします。

起こした土は移動させないようにしないと

家庭菜園がにでこぼこが出来てしまいます。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの土作り|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしは多くの肥料を必要とします 植えつけ場所は日当たりや水はけのよい場所を選びます。 スポンサーリンク とうもろこしの植えつけ前に、堆肥、化成肥料、苦土石灰をまいて 深さ30㎝くらいまで十分に …

no image

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

日本の土壌は酸性土壌なので、 一般には土壌改良材を利用して 野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、 大部分の養分はpH6?7で水に解 …

no image

pH試験紙ユニバーサルで家庭菜園の土壌のpHを測定する

pH指示薬をろ紙に含浸させて乾燥させたものがpH試験紙です。 液のpH(水素イオン濃度)がどの程度であるかを判定します。 小学校のときに実験でリトマス試験紙を使ったことがあるのを覚えている人もいるでし …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …