初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

スプレータイプの農薬を上手に使う|家庭菜園の農薬の使い方

投稿日:

ゴキブリやハエ、カの退治には、スプレータイプの殺虫剤がありますが、
家庭菜園の害虫駆除として用いられる薬剤は、このような即効性はありません。
瞬間的に駆除をするのではなく、約1日?3日ほどの時間を掛けて、
じわじわを効果を発揮するものとなりますので、散布時にたくさん掛けて、
死ぬまでやるというのは、正しい散布方法ではありません。
死ぬまで散布する方法というのは、薬剤の使用量を多くしてしまう
原因ともなりますので、出来るだけ、散布量が少なくなるよう、
正しい使用法を守ってください。
害虫の多くは、葉の裏側に生息していることがほとんどです。
そのため、上から見たのではなかなか分かりにくいと言えますが、
薬剤散布の際は、それを考えた上で散布するのが効果的です。
スプレータイプのものであれば、ノズルを上向きにして葉の裏側に対し、
薬剤を散布するようにします。
下の葉より順番に上へ行き、全体的に散布できるようにします。
ただし、害虫ではなく病気の場合、葉の表面に起こりやすいので、
しっかりと、葉の表面にも行き渡るように散布してください。
噴霧器を使用して薬剤を散布する場合は、霧状になるように調節すると、
薬剤のムラなく、少量で全体的に散布することができるようになります。
液がタラタラと垂れるくらいまで、全体的に掛けます。
このようにすれば、効果的に薬剤の効果を全体で感じることができます。
基本的には、葉の裏側を中心とし、最後に表面に掛けて終わるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での農薬の散布方法|正しくつかっておいしい野菜を収穫

薬剤の散布は、良い収穫を得るために使われるものですが、 正しく使用しなければ、良い収穫を得ることができないだけではなく、 野菜の生長を阻害してしまうことさえあります。 ですから、薬剤それぞれに書かれた …

no image

農薬散布時の服装|家庭菜園での農薬の使い方

家庭菜園の作業は、非常に汚れるものとなりますので、 家庭菜園の作業用として、洋服を取り替えている人も多いと思います。 加えて、薬剤の散布時には、薬剤散布用の服装をする事が必要です。 基本的には、お肌に …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

農薬の種類|家庭菜園の農薬の使い方

野菜作りに用いられる殺虫剤は、接触剤と浸透剤に分けられます。 この2つの殺虫剤には、大きな効果の違いがありますので、 用途に応じて、使用するようにしてください。 ■接触剤と浸透剤の違い 接触剤は、害虫 …

no image

農薬の残液の処理方法|有効期限にも注意しましょう

薬剤の散布液は、適量を計測して使用することが鉄則です。 また一度、希釈した薬剤というのは保存のきかないものとなりますので、 元に戻したり、保存してまた使用することのないようにします。 そのためにも、余 …

カテゴリー

最近のコメント