初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

スプレータイプの農薬を上手に使う|家庭菜園の農薬の使い方

投稿日:

ゴキブリやハエ、カの退治には、スプレータイプの殺虫剤がありますが、
家庭菜園の害虫駆除として用いられる薬剤は、このような即効性はありません。
瞬間的に駆除をするのではなく、約1日?3日ほどの時間を掛けて、
じわじわを効果を発揮するものとなりますので、散布時にたくさん掛けて、
死ぬまでやるというのは、正しい散布方法ではありません。
死ぬまで散布する方法というのは、薬剤の使用量を多くしてしまう
原因ともなりますので、出来るだけ、散布量が少なくなるよう、
正しい使用法を守ってください。
害虫の多くは、葉の裏側に生息していることがほとんどです。
そのため、上から見たのではなかなか分かりにくいと言えますが、
薬剤散布の際は、それを考えた上で散布するのが効果的です。
スプレータイプのものであれば、ノズルを上向きにして葉の裏側に対し、
薬剤を散布するようにします。
下の葉より順番に上へ行き、全体的に散布できるようにします。
ただし、害虫ではなく病気の場合、葉の表面に起こりやすいので、
しっかりと、葉の表面にも行き渡るように散布してください。
噴霧器を使用して薬剤を散布する場合は、霧状になるように調節すると、
薬剤のムラなく、少量で全体的に散布することができるようになります。
液がタラタラと垂れるくらいまで、全体的に掛けます。
このようにすれば、効果的に薬剤の効果を全体で感じることができます。
基本的には、葉の裏側を中心とし、最後に表面に掛けて終わるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

農薬の使い方と種類|家庭菜園で上手に散布する方法

いろいろな農薬が販売されているため、ホームセンターなどでは、何をどう使うのか、必要なものは何か、分からなくなってしまうこともあるかと思います。 自分の家庭菜園に必要なものを的確に見つけるためにも、農薬 …

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …

no image

農薬の使用回数|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布は、ボトルや瓶などに書かれている回数に乗っ取って行います。 農薬取締法によって、厳重に散布回数は管理されていますので、 使用回数の指示は絶対に守るようにし、安全に使用するようにしてください。 …

no image

農薬の散布で近隣のご迷惑にならないために

薬剤の散布は、近隣の住宅の方々に迷惑が掛からないよう、 朝の早い時間帯、風のない日に行なってください。 風の強い日に行えば、思いがけず薬剤が広範囲に飛散することになります。 また、午前中などになると、 …

no image

農薬の残液の処理方法|有効期限にも注意しましょう

薬剤の散布液は、適量を計測して使用することが鉄則です。 また一度、希釈した薬剤というのは保存のきかないものとなりますので、 元に戻したり、保存してまた使用することのないようにします。 そのためにも、余 …

カテゴリー

最近のコメント