初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

健康な土をつくるには?|家庭菜園の土作り

投稿日:

家庭菜園に1番大切なのは、土作りです。
さまざまな著書を出されているような、家庭菜園、ガーデニングのプロでも、
土には、お金を掛けると良く言われています。
健康な土の中には、微生物がたくさん住んでいます。
その微生物は、互いにはたらきあうことで生きていくことができます。
この法則というのは、動物や私たちの生態系とも同じであり、
微生物の生きていける環境イコール有機物が土壌にしっかり供給されている証拠です。
健康な土の中は、病原菌やネコブセンチュウなどが異常に増えることなく、
野菜を上手に育てていくことができるのです。
しかし、野菜が根こぶ病になってしまった時などは違います。
土の中の微生物のバランスが崩れて、土が悪くなってしまっていることをさします。
私たちの生活の中でも、野菜が一時的に高騰したり、魚が取れなくなったり、
虫が異常に発生するニュースなどを耳にしますが、こういった時は、
必ず、何らしかの原因がありますよね。
それと、同じことなのです。
■健康的な土をつくるには?
土の中の微生物の活性化し、健康的な土作りのするには、
有機質をしっかりと与えることが重要です。
堆肥、牛糞、腐葉土、米ぬかなどを原料とした有機質をエサとして、
微生物は活性化し、分解されていきますから、このことに注目しない手はありません。
水はけが良く、水持ちの良い、団粒構造の良い土をつくるためにも、
こういった有機質には注目して、土作りを行なっていきたいところですね

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

野菜つくり

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。 この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、 詳しく紹介させて頂きます。 ■単粒構造とは? 砂や粘土などの …

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、 過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。 スポンサーリンク 植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカ …

カテゴリー

最近のコメント