初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

健康な土をつくるには?|家庭菜園の土作り

投稿日:

家庭菜園に1番大切なのは、土作りです。
さまざまな著書を出されているような、家庭菜園、ガーデニングのプロでも、
土には、お金を掛けると良く言われています。
健康な土の中には、微生物がたくさん住んでいます。
その微生物は、互いにはたらきあうことで生きていくことができます。
この法則というのは、動物や私たちの生態系とも同じであり、
微生物の生きていける環境イコール有機物が土壌にしっかり供給されている証拠です。
健康な土の中は、病原菌やネコブセンチュウなどが異常に増えることなく、
野菜を上手に育てていくことができるのです。
しかし、野菜が根こぶ病になってしまった時などは違います。
土の中の微生物のバランスが崩れて、土が悪くなってしまっていることをさします。
私たちの生活の中でも、野菜が一時的に高騰したり、魚が取れなくなったり、
虫が異常に発生するニュースなどを耳にしますが、こういった時は、
必ず、何らしかの原因がありますよね。
それと、同じことなのです。
■健康的な土をつくるには?
土の中の微生物の活性化し、健康的な土作りのするには、
有機質をしっかりと与えることが重要です。
堆肥、牛糞、腐葉土、米ぬかなどを原料とした有機質をエサとして、
微生物は活性化し、分解されていきますから、このことに注目しない手はありません。
水はけが良く、水持ちの良い、団粒構造の良い土をつくるためにも、
こういった有機質には注目して、土作りを行なっていきたいところですね

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? スポンサーリンク

no image

家庭菜園の土作り手順4 肥料を入れる|元肥を多めにたっぷり投入

土作りの手順4 肥料を入れる うねの場所を決めたら肥料を入れます 今回紹介するのは牛フン堆肥と腐葉土です 良質な飼料(牧草)で育った牛の牛フンを時間をかけて醗酵・熟成させた有機質肥料!牛ふん10L【& …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

no image

pH試験紙ユニバーサルで家庭菜園の土壌のpHを測定する

pH指示薬をろ紙に含浸させて乾燥させたものがpH試験紙です。 液のpH(水素イオン濃度)がどの程度であるかを判定します。 小学校のときに実験でリトマス試験紙を使ったことがあるのを覚えている人もいるでし …

no image

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、透水性が高いという表現をします。 しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。 …