家庭菜園でのナスの育て方のコツ|コンパニオンプランツのパセリを一緒に植える

家庭菜園 ナス コンパニオンプランツ

ナスは、家庭でも簡単に調理出来、食卓に重宝する野菜の1つで
家庭菜園でもとても人気のある野菜です。

そんなナスは、水が大好物です。
水を切らさないように育てることが、美味しくナスを収穫するポイント。
水が切れてしまえば、皮は硬くなり、ひび割れも生じます。

スポンサーリンク

生長すれば、徐々に葉が茂ってきます。その時に弱っている葉や、
黄色くなってしまった葉は、すぐに取り除くようにしナスの風通しが
良くなるように調整してあげるのも大切です。

真夏などは1日でナスの大きさが倍ほどになってしまいます。
そのため、収穫はまだ少し小さいかな?と思える程度のところで
行なっておきましょう。

特に秋に収穫出来るナスは絶品だと言われています。
「秋茄子は嫁に食わすな」の言葉通り、嫁に食べさせるのは
勿体無いと思えるほどの『美味しさです。

秋茄子といっても、5月頃に植えつけた物と何も違いはありません。
決して「秋茄子」という品種のナスという訳ではないのです。

スポンサーリンク

秋茄子を上手に栽培するには、夏の期間にきちんと休ませることです。
ナスを1度育てたことのある方は分かると思いますが、
想像以上にナスの生長は早く、毎日が収穫日だと言えます。

そのため、数週間もすればナス自体の力もどんどん弱まってくるのです。
これを真夏の暑い時期に行なっているため、体力が秋まで、
続かなくなってしまいます。

そこで秋茄子を美味しい状態で収穫するために剪定を行います。
まだ実がつきそうな枝があっても7月下旬を目安にバッサリ剪定します。

剪定の高さは大体1/2ほどの高さでしょうか。枝も整理して、
株周りを軽く掘り、追肥を施します。

こうすることでナスは元気を取り戻し、秋までその元気を
保つことが出来るのです。

余談ではありますが、ナスの横でパセリを育てておくと、
ナスの害虫を予防することが出来ます。

コンパニオンプランツとして知られていますので、ナスを育てる場合は、
パセリも一緒に育てることをお勧めします。

⇒相性のよい植物の例

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
コンパニオンプランツ ナスの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました