初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

投稿日:

野菜の品種は、近年とても増えてきています。
私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、
品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。

しかし、今はホームセンターなどでも気軽に品種の違う苗を購入することができます。
それぞれの用途などを確認し、苗を購入して育てると良いでしょう。

■野菜の苗を購入して育てるメリット

・種まき?育苗までの管理が不要となりますので、自身の手で、
栽培する期間を短縮し、手間なく野菜を育てることができます。

・販売されている苗のうち、良いものを選んで購入することができる、
また、販売されている苗はほとんどが良い物であるため、
余分な苗を作らずに、必要分だけ購入することができます。

スポンサーリンク

・育苗後の苗を購入するということは、種まき?育苗完了までの期間、
畑をあけることができます。色々な種類の野菜を育てることができるので、
家庭菜園にとても向いています。

■苗を購入すれば、さまざまな手間が軽減できる

ナスやトマトの定植目安は、5月の上旬頃となります。
この頃に苗を植え付けるとなると、2月の寒い時期に種をまく必要があり、
温床や暖房などの設備を要する場合もあります。

こういった手間が掛からないのは、苗を購入する最大のメリットです。
初心者の方は特に、苗を購入してから定植するようにはじめてみてください。

■野菜の苗は、いつ頃買えるの?

野菜の苗は、それぞれの野菜の定植目安より早く出回り始めますので、
その分、小さな苗も良く見かけます。

その時は、購入後に少し育苗を行った後、目安となる時期に、
定植するようにして対応します。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

エダマメの根粒菌の役割|空気中の窒素を固定してくれるすごいやつ

エダマメはマメ科の中でも根粒菌のつきやすい野菜です 根粒菌はマメ科の植物の根に侵入し、小さなこぶ(根粒)を作ってそのマメ科植物に寄生します スポンサーリンク 空気中の窒素をとりこみ、アンモニアに還元し …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

no image

ベジタブルガーデンの作り方|ハーブや野菜だけでなく、草花も楽しめる

家庭菜園を使ったガーデニングが流行しています。このガーデニングの方法を使って作られた庭は、菜園ガーデンや、ベジタブルガーデンと呼ばれ、とても人気が高いガーデンスタイルです。 食べたい野菜は勿論ですが、 …

ナス 苗

ナスの育苗・鉢上げ|家庭菜園でのナスの育て方

プラグトレーにまいたナスが本葉を出して、 隣のナス苗同士の葉が重なり合うようになったら 鉢上げしてあげましょう スポンサーリンク 土が乾燥しているのなら苗がプラグトレーから土ごと抜けやすいように 鉢上 …