初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

投稿日:

野菜の品種は、近年とても増えてきています。
私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、
品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。

しかし、今はホームセンターなどでも気軽に品種の違う苗を購入することができます。
それぞれの用途などを確認し、苗を購入して育てると良いでしょう。

■野菜の苗を購入して育てるメリット

・種まき?育苗までの管理が不要となりますので、自身の手で、
栽培する期間を短縮し、手間なく野菜を育てることができます。

・販売されている苗のうち、良いものを選んで購入することができる、
また、販売されている苗はほとんどが良い物であるため、
余分な苗を作らずに、必要分だけ購入することができます。

スポンサーリンク

・育苗後の苗を購入するということは、種まき?育苗完了までの期間、
畑をあけることができます。色々な種類の野菜を育てることができるので、
家庭菜園にとても向いています。

■苗を購入すれば、さまざまな手間が軽減できる

ナスやトマトの定植目安は、5月の上旬頃となります。
この頃に苗を植え付けるとなると、2月の寒い時期に種をまく必要があり、
温床や暖房などの設備を要する場合もあります。

こういった手間が掛からないのは、苗を購入する最大のメリットです。
初心者の方は特に、苗を購入してから定植するようにはじめてみてください。

■野菜の苗は、いつ頃買えるの?

野菜の苗は、それぞれの野菜の定植目安より早く出回り始めますので、
その分、小さな苗も良く見かけます。

その時は、購入後に少し育苗を行った後、目安となる時期に、
定植するようにして対応します。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

野菜つくり

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、 紹介したいと思います。 スポンサーリンク 畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、 蒔く場合などに使わ …

no image

白菜の苗がよくそろうポットでの育苗|高温だと初期生育にむらができてしまう

白菜は8月の高温時に種まきをするため直播では初期生育がそろいにくく生育むらができます 高温時に対策として白菜をポットで育苗して管理するとよい苗をそろえることができます 3号ポットを用意してポットごとに …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

カテゴリー

最近のコメント