野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

野菜の品種は、近年とても増えてきています。
私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、
品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。

しかし、今はホームセンターなどでも気軽に品種の違う苗を購入することができます。
それぞれの用途などを確認し、苗を購入して育てると良いでしょう。

■野菜の苗を購入して育てるメリット

・種まき?育苗までの管理が不要となりますので、自身の手で、
栽培する期間を短縮し、手間なく野菜を育てることができます。

・販売されている苗のうち、良いものを選んで購入することができる、
また、販売されている苗はほとんどが良い物であるため、
余分な苗を作らずに、必要分だけ購入することができます。

スポンサーリンク

・育苗後の苗を購入するということは、種まき?育苗完了までの期間、
畑をあけることができます。色々な種類の野菜を育てることができるので、
家庭菜園にとても向いています。

■苗を購入すれば、さまざまな手間が軽減できる

ナスやトマトの定植目安は、5月の上旬頃となります。
この頃に苗を植え付けるとなると、2月の寒い時期に種をまく必要があり、
温床や暖房などの設備を要する場合もあります。

こういった手間が掛からないのは、苗を購入する最大のメリットです。
初心者の方は特に、苗を購入してから定植するようにはじめてみてください。

■野菜の苗は、いつ頃買えるの?

野菜の苗は、それぞれの野菜の定植目安より早く出回り始めますので、
その分、小さな苗も良く見かけます。

その時は、購入後に少し育苗を行った後、目安となる時期に、
定植するようにして対応します。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 育苗
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました