初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

育苗

果菜類の育苗のポイント|苗半作を意識しよう

投稿日:

「苗半作」とは、苗はとても大切なもので良い苗を選ぶことが、
その株を大きく生育させる、成功のポイントだという意味です。

果菜類の場合、本葉がまだ少ない頃に花芽がつくられるので、
苗の段階の生育によって、果実のつき方や、収量が大きく変化します。

■果菜類の苗作りのポイント

果菜類の苗作りで1番重点を置きたいのは、温度です。
発芽適温は25度前後となりますので、育苗箱やハウス栽培などで、
温度管理をしながら育てるのが一般的です。

また、苗の育て始めの段階は、病害虫への抵抗力が極めて弱いと言えます。
そのため、より良い環境で育ててあげることが、苗作りに重要だと言えます。

定植適期前には、1週間?10日間ほど、徐々に外気の温度に慣れさせる
順化の作業を行い、苗作りを完成させてください。

スポンサーリンク

■育苗のポイント

種まきには、ビニールポットやセルトレイなどを用いますが、
それぞれ種まきのできる限度が異なりますので、注意してください。

尚、種まきをしすぎてしまうと、間引きやお手入れが大変になり、
苗の定植も相当な数になってしまいます。

水、肥料の与え過ぎは、根腐れ病を起こすこともありますので、
充分に気を付け、乾燥気味に育てることが大切です。
肥料に関しては、培養土を使う場合、追肥はしなくとも育てられます。

■ビニールポットを用いる場合

ビニールポットを用いる場合は、生育の状況に応じて、
ポットの置く間隔を広く取り、葉と葉が重なり合わないように調節してください。

スポンサーリンク

-育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。 ■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメ …

家庭菜園 ホウレンソウ

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?|メリットとデメリット

直播栽培と移植栽培という、野菜の育て方の種類がありますが、 直播栽培でなければならないもの、移植栽培の方が適しているものがあります。 スポンサーリンク

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

よい苗の選び方|家庭菜園での苗半作の重要性

苗半作という言葉を知っていますか? 良い苗を作ることができたら、栽培は半分成功したようなもの という意味です。 家庭菜園で野菜を作るとき苗のいいわるいはかなり重要です。 とくに実のなる野菜は苗の段階で …

カテゴリー

最近のコメント