水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、
水圧が強すぎると、水で土を削ってしまうことになり、種が流れ出ることもあるので、
水圧の強くならない、ジョウロで水を与えることが必要です。

また、ジョウロでの水の上げ方もさまざまな活用ができます。
ジョウロの先端部分をハス口と言いますが、このハス口を上に向ける、
下に向ける、取り外す、この3つでも水の出方は大きく異なります。

ハス口が大きく、穴の細かいものであるほど、水圧の弱い水やりができます。
また、このハス口のまま上向きに水を与えると、より、地面にやさしい水やりが可能です。

下向きに水やりを行えば、ピンポイントであげたい部分に水をあげれるので、
葉には水をかけたくない、株元だけに水を与えたい場合などに有効です。

スポンサーリンク

少々、水圧は上がりますが、ハス口を取り出せば、よりピンポイントで、
水を与えることができます。

ジョウロは、家庭菜園には絶対に必要なものとなります。
また、キッチン菜園や、ベランダ菜園を行なっている場合、液体肥料を与える場合には、
水差しも有効です。

水差しであれば、少量の水やりが手間なく行えますので、
水差しも1つ購入しておくと良いでしょう。

その他、噴霧器・バケツなどもあると便利ですが、なくても家庭菜園は可能です。
1つ1つ揃えるとなると、費用がかさんできますので、必要なものを、
必要な時に購入するようにし、なるべく無駄なく農具を利用できると良いかと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園の道具 水やり
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました