初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 水やり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

投稿日:

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。
水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。

乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は
朝早くと夕方の2回です。

朝のうちにあたえた水が蒸発してうねの温度の上昇を軽減し
昼には乾いて根が蒸れません。

夕方にあらためて水やりをして地温を早く下げるようにします。

毎日2回もの水やりは無理という人は
夕方から夜にうね間にたっぷりと水をためて
朝には水たまりがなくなるくらいにすると
朝の水やりは省くことができます。

株元から離れたところに細い棒で深さ20ー30センチの穴をあけ
たっぷりと水を流し込むと地中に水分がいきわたります

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

野菜つくり

家庭菜園で野菜がうまく育たない原因|水やり・肥料不足・肥料過多など

生育不良は、病気や害虫、害獣による被害だけではありません。 野菜の生長が著しくない場合は、上記の原因以外にも、 原因が考えられることを頭に入れて、対処法を考える必要があります。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

家庭菜園で種が余ることありますよね?|野菜種子の上手な保存方法

購入した種子が、余ってしまうことってありますよね。 小さな自家菜園であれば、良くあることだと思いますが、来年もこの種子を 利用するには、しっかりと貯蔵しておく必要があります。 新品種の物や、あまり出回 …

カテゴリー

最近のコメント