初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方

キュウリの支柱立て栽培|誘引や摘芯作業も重要

投稿日:

キュウリは、最も生育が盛んな頃には1日に10センチほども、
伸びる野菜として知られています。

そのため、誘引や摘しんなど管理が大変な野菜でもあります。
子蔓、孫蔓も伸びていくものとなりますので少し放置してしまえば、
つるが重みで倒れてしまうこともあるのです。

このように手間がかかる作物ではありますが、キュウリは色々な
料理に使うことが出来、食卓にも並べやすい野菜ですので
キュウリを育てようと思う人も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのが低支柱栽培です。
その名前の通り、低い支柱を使った栽培方法となります。

通常の栽培方法であれば、2メートルほどの長い支柱を使いますが、
低支柱栽培の場合は、1.5メートルほどの支柱を使います。
だいたい1メートルほどのところで交差させ、留めておきます。

スポンサーリンク

苗を植えつけた後は、まず、4?5節ほどから出た子蔓を摘除します。
その後は、親づるを伸ばし反対側へ下垂させて行きます。

子蔓や孫蔓は、地面につくほどの長さのところで摘み取ります。
混みすぎてきた時も、葉を随時摘除するようにしていきます。

このような低支柱栽培であれば、風にも弱くないため、倒れてしまう
といった心配もありません。

また、乾燥にも良く耐えることが出来るので非常に育てやすく、
長い期間キュウリの収穫を楽しむことが出来ます。

ただし、畑の場所によっては葉が混みあいすぎてしまうことにより、
蒸れが発生してしまうこともありますので、低支柱栽培に拘らない
場合は、出来るだけ普通の栽培方法をお勧めします。

スポンサーリンク

-キュウリの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

家庭菜園 キュウリ

キュウリの育て方・栽培方法|みずみずしい風味が特徴の夏野菜

キュウリの育て方・栽培のポイント 夏場の土壌乾燥を防ぐ 肥料切れをおこさないようにする スポンサーリンク キュウリはとくに水をたくさん必要としますので 乾燥には十分気をつけてください。 スポンサーリン …

no image

おいしいキュウリの育て方|家庭菜園での品種の選び方

キュウリの成長はとても早く、夏の最盛期にはあっというまにお化けキュウリになってしまうほどです キュウリの茎は1週間で20?、実は1日に5cm以上成長します 皮が軟らかくて、みずみずしい、若どりがおいし …

no image

夏バテ防止にキュウリはいかが?|カリウムや水分補給に最適な夏野菜

キュウリはサラダやお漬物など私たち日本人の食卓には欠かせない野菜の1つですが、あまり栄養価は高くないと言われています。 何故ならば、キュウリは9割以上が水分で出来ているからです。しかし、夏野菜や果物は …

no image

キュウリの手入れ|健全な苗を選び根を傷めないように定植する

キュウリの植え付けは、根っこを痛めないよう優しく行うのがポイントです。ビニールポットから出す時も、根っこを痛めないよう注意して植えつけて下さい。 根鉢の周囲に土をかぶせたら、土の間から空気を出すイメー …

カテゴリー

最近のコメント