初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方

キュウリの支柱立て栽培|誘引や摘芯作業も重要

投稿日:

キュウリは、最も生育が盛んな頃には1日に10センチほども、
伸びる野菜として知られています。

そのため、誘引や摘しんなど管理が大変な野菜でもあります。
子蔓、孫蔓も伸びていくものとなりますので少し放置してしまえば、
つるが重みで倒れてしまうこともあるのです。

このように手間がかかる作物ではありますが、キュウリは色々な
料理に使うことが出来、食卓にも並べやすい野菜ですので
キュウリを育てようと思う人も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのが低支柱栽培です。
その名前の通り、低い支柱を使った栽培方法となります。

通常の栽培方法であれば、2メートルほどの長い支柱を使いますが、
低支柱栽培の場合は、1.5メートルほどの支柱を使います。
だいたい1メートルほどのところで交差させ、留めておきます。

スポンサーリンク

苗を植えつけた後は、まず、4?5節ほどから出た子蔓を摘除します。
その後は、親づるを伸ばし反対側へ下垂させて行きます。

子蔓や孫蔓は、地面につくほどの長さのところで摘み取ります。
混みすぎてきた時も、葉を随時摘除するようにしていきます。

このような低支柱栽培であれば、風にも弱くないため、倒れてしまう
といった心配もありません。

また、乾燥にも良く耐えることが出来るので非常に育てやすく、
長い期間キュウリの収穫を楽しむことが出来ます。

ただし、畑の場所によっては葉が混みあいすぎてしまうことにより、
蒸れが発生してしまうこともありますので、低支柱栽培に拘らない
場合は、出来るだけ普通の栽培方法をお勧めします。

スポンサーリンク

-キュウリの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キュウリの表面の白い粉って何?|家庭菜園ではブルームキュウリが生食に向いている

「黄色い瓜」という事が名前の由来にもなっているキュウリは、ウリ科・キュウリ属に属する野菜で、今やサラダなどにならなくてはならない存在としても知られています。 そんな私たちの食卓にも馴染みのあるキュウリ …

no image

キュウリの整枝方法|花のつき方によって節成りなどの種類が分けられる

■キュウリの整枝方法 キュウリは、花の付き方によって種類が分けられます。 その種類というのは、節成型、飛び節成型、中間型の3つです。 それぞれ整枝の方法が変わってきますので、注意してください。 ・節成 …

家庭菜園 キュウリ

キュウリの病気の原因と対策|湿気の多くなる梅雨には注意

■湿気の多くなる梅雨頃には、病気に注意すること キュウリは、比較的育てやすい野菜だと言われますが、 梅雨時の生育となるため、うどんこ病やべと病といった病気にかかりやすいです。 べと病は、高温多湿、肥料 …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

no image

キュウリの原産地と日本での歴史

キュウリの原産地は、ヒマラヤ山脈山麓地帯だと言われます。 日本でもキュウリは「胡瓜」と漢字で表記しますが、この「胡」という字は、 中国より西の地域を表す言葉です。 実際、インド北西あたりに行くと、キュ …

カテゴリー

最近のコメント