初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方

キュウリの原産地と日本での歴史

投稿日:

キュウリの原産地は、ヒマラヤ山脈山麓地帯だと言われます。
日本でもキュウリは「胡瓜」と漢字で表記しますが、この「胡」という字は、
中国より西の地域を表す言葉です。
実際、インド北西あたりに行くと、キュウリのような野生のウリが、
自生していることも見られるようです。
約3000年前より栽培されていたというキュウリ、
数ある野菜の種類の中でも、特に歴史が古いと言えるでしょう。
日本へも、1000年頃にはキュウリが普及していて、薬用として使われていました。
■江戸時代のキュウリの扱い方
キュウリは、江戸時代まであまり多くの人には好まれていませんでした。
もともとのキュウリは、とても苦味があったためです。
また、キュウリの切り口は徳川家の三葉葵の紋に似ているため、
3日天下と呼ばれる明智光秀の家紋、桔梗にも似ているため、
武士の人は、なかなかキュウリを食べる習慣がなかったと言われています。
■明治時代頃になってからキュウリが野菜として認められるように
江戸時代には、さまざまな理由やその味より、敬遠されてたキュウリも、
明治時代になると、野菜として認められるようになりました。
この頃からは、漬物以外の食べ方なども進み、苦味もなくなっていたようです。
現在の日本の野菜事情では、キュウリの消費量は果菜類トップです。
お漬物に、サラダにと、さまざまな利用法が出てきたというのが、
理由の1つとも言えます。
また、野菜の中でも味に独特の苦味などがないものですので、
子供でも食べることが出来るのも、広く親しまれている理由です

スポンサーリンク

-キュウリの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 キュウリ

キュウリの育て方・栽培方法|みずみずしい風味が特徴の夏野菜

キュウリの育て方・栽培のポイント 夏場の土壌乾燥を防ぐ 肥料切れをおこさないようにする スポンサーリンク キュウリはとくに水をたくさん必要としますので 乾燥には十分気をつけてください。 スポンサーリン …

no image

おいしいキュウリの育て方|家庭菜園での品種の選び方

キュウリの成長はとても早く、夏の最盛期にはあっというまにお化けキュウリになってしまうほどです キュウリの茎は1週間で20?、実は1日に5cm以上成長します 皮が軟らかくて、みずみずしい、若どりがおいし …

no image

家庭菜園きゅうりの土作り|ウリ科の連作は避けましょう

きゅうりの植えつけの2週間前に土作りをします きゅうりの栽培する場所は日当たり、水はけのよい場所を選びます連作を嫌うので、2,3年の間にウリ科の野菜を育てた場所は避けましょう ⇒野菜の科名 土作りとし …

no image

キュウリの栽培と苗の選び方|種まきから収穫までが短く育てやすい野菜

キュウリは、種まき?収穫までの日数が2ヶ月と、とても短く育てやすいです。 収穫までの日数のかかるものは、病害虫の被害に遭う可能性も高いので、 難しいとも言われます。 果菜類の中でも、約2ヶ月という短い …

no image

キュウリの支柱立て栽培|誘引や摘芯作業も重要

キュウリは、最も生育が盛んな頃には1日に10センチほども、伸びる野菜として知られています。 そのため、誘引や摘しんなど管理が大変な野菜でもあります。子蔓、孫蔓も伸びていくものとなりますので少し放置して …

カテゴリー

最近のコメント