初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき 育苗

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

投稿日:

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、
通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。
また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、
お互いをかばい合って育っていくため、育ちやすいと言えますが、
密生にしたままとすると、競合しあって、生長を阻害しあいます。
そうならないために、必要な作業として間引きが行われます。
間引きは、1回ではなく、2?3回行なって、生育を促すようにするのが理想です。
ダイコンの場合を例にとると、本葉1枚の頃に1回目の間引きを、
本葉3?4枚の頃に2回目の間引きを、本葉6?7枚の頃に3回目の間引きをと、
3回に分けて行うようにするのが、ポイントです。
1回目は、不整形のもの、大きすぎるものなどを除外するようにして、
健康で整った子葉のある株を残すようにします。
いつまでも、混み過ぎた密生状態が続くと、根の肥大ができなくなり、
形が悪くなってしまいますので、注意してください。
果菜類に関しては、摘心、整枝、摘葉の作業を行います。
各葉っぱそれぞれに日光の光が当たるようにして、着果数に応じた、
十分な葉の枚数を確保することが大切になります。
キュウリの場合は、主枝・子つる・孫つる、
トマトの場合は、主枝の1本仕立て、ナス、ピーマン、カボチャなどの野菜は、
主枝・側枝2?3本仕立てと、整枝の方法はそれぞれ違いますので注意してください。
茎葉の育ちが盛んとなり、葉っぱが混みあうようになってきたら、
日陰となる葉、病害虫にかかった葉、老化した葉などを随時、摘葉して、
通気性、採光性を良くしてあげるようにしてください。
尚、内側に伸びてくる側枝は、葉の混みあいの原因となるので、
茎の中より、切り取ってしまうのも重要です。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

家庭菜園

野菜の分類、科名を覚えておくと家庭菜園の管理に役立つ

植物学的に、野菜は分類分けされています。 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも、この野菜の分類分けについて、 ある程度頭に入れておくようにしてください。 例えば、アブラナ科の野菜には、ダイコン、ハク …

ナス苗 風よけ

夏野菜苗(ナス、ピーマンなど)は寒さ対策、風除けをする

夏野菜(ナス、ピーマン、トマトなど)の苗は寒さには弱いです。 畑には植え付けの数週間前からビニールマルチを張って 十分に家庭菜園の土を温めておきましょう。 スポンサーリンク

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの種まき|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの種は1か所に3粒ずつまいて、土をかけたら手で軽く押さえます 種をまく深さは1-2cm程度です。 種をまく間隔は列の幅を45㎝にして30㎝ごとにまいていきます。 とうもろこしの種をまき終わ …

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …