秋冬に収穫する玉レタスの種まき・育苗|適期に種をまくのがコツ

玉レタスは、スーパーでも良く見掛ける野菜ではありますが、
歯切れの良いレタスは、家庭菜園ならではの味となりますので、
秋の菜園にとてもお勧めですので、是非、栽培してみてください。

玉レタスの種まきは、8月上旬?中旬頃に行います。
それ以上早くまくと、高温・強い日差しにより花芽が出来、とう立ち
することもありますし、遅すぎても良い結球が出来なくなってしまいます。

レタスの発芽を促す最も適した温度というのは、15度?20度と低いので
真夏の暑い中、種をまくとは言え、涼しいところで管理する必要があります。

1番確実なのは、種子に充分水を吸水させる方法です。
大体6時間?7時間ほど水をふくませておき、その後、キッチンペーパー
などの上に敷き、ポリ容器に入れ二晩冷蔵庫で冷やしておきます。

こうすることで芽が動き出しますので、育苗箱やセトトレーに、
種まきをしていきます。

スポンサーリンク

種まき時の土は育苗用のものを使えば安心です。
覆土は、非常に薄く土をふりかけるような目安で行います。

その後、土の上に稲藁を薄く覆い、暑さ・乾燥を防ぎます。
新聞紙などでも代用出来ます。

発芽が確認出来たら覆っている藁や新聞紙を除去して、
木陰など、直射日光の当たらない部分に移動させ育苗を行います。

育苗箱にまいたものは、本葉が2枚ほどになったころに鉢に移植し、
本葉が5?6枚ほど付いた苗に育てていきます。

セルトレーにまいたものは、本葉が2枚ほどになったころに間引きし、
1本立ちにして、本葉4枚?5枚ほどに育てていきます。

どちらの場合も乾燥が懸念される季節となりますので、
土の乾燥には注意して、晴天の日には1日2回?3回ほど、水やりを
行うようにしてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
レタスの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました