初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方

ダイコンの肥料をやる時期とタイミング

投稿日:

ダイコンは、野菜の中でも、根を大きく育たせる作物となりますので、
肥料を上手に吸い上げることが出来、比較的少ない肥料分であっても、
元気に育つという特性があります。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
しかし、生長期となる時期の肥料の吸収は非常に多いため、
肥料不足には十分注意しなければいけません。
この時期には、追肥を欠かさず行い、品質の良いダイコンが収穫出来るように管理します。
 
 
まず、元肥となりますが、種まきの15日以上前に石灰をまいて、
深さ30センチほどまで、良く耕しておきます。
未熟な堆肥などを入れると、根が変形しやすいので注意してください。
 
 
既に家庭菜園をやられている方で、前作の時に堆肥を施した場合は、
特に堆肥を入れなくとも構いません。
 
 
やせ地で有機質肥料が不足しているのであれば、完熟堆肥を、
種まきの時に、株間にすこしずつ与えておくと良いでしょう。
 
 
1回目の追肥は本葉が1枚-2枚ほどになった頃に、
株の周りに与えます。
 
 
2回目の追肥は本葉が5枚-6枚ほどになった頃で、1本立てとしてから、
列の側方に溝を作り、そこへ肥料を入れて土を寄せていきます。
株元が固定されるように、手で優しく土を寄せてください。
 
 
3回目の追肥は、根の太りが目立ちはじめた頃に行います。
2回目とは逆側に溝を作って、同じように肥料を追肥してあげてください。
 
 
ダイコンの肥料の与え方はこのような感じで進めて行きます。
追肥の回数や、1回に与える量というのは、ダイコンの育ち具合を見て、
それに応じて変更していきます。

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ダイコンの育て方|採れたて大根のみずみずしさを丸ごと味わう

古代エジプトで栽培されていたというだいこんは、中国を経て渡来しましたそのころ、保存食として漬物や切り干しなどの加工も行われ、庶民の食生活に欠かせない地位を築きました ダイコン(大根)はアブラナ科の野菜 …

no image

ダイコンの葉は栄養たっぷり

ダイコンの葉は栄養を豊富に含んでいますビタミンC、βカロテン、カルシウム、食物繊維が豊富なのでダイコンを収穫した時に葉を捨ててしまってはもったいないです 家庭菜園でダイコンを収穫したら、葉と根を切り離 …

no image

ダイコンの原産地と日本での歴史

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、 さまざまなところに分布します。 日本に渡来したのは、縄文時代?弥生時代の頃と言われており、 このダイコンは、中国より渡来したものです …

no image

ダイコンの間引きと病害虫防除|キスジノミハムシにも注意

■間引きの注意点 種まき後1週間ほどしたら、発芽が揃います。 この時期に1回目の間引きを行います。子葉の不整形のものなどを抜き、 良いものを、3本ほど残します。 2回目の間引きは、本葉が2枚?3枚程度 …

no image

ラディッシュの栽培のポイント|水やりは回数を減らして一度にたっぷりと

ラディッシュ栽培のポイントを紹介します。種まきはすじまきがおすすめです。水やりは発芽するまではこまめに、発芽した後は回数を減らして一度にたっぷりと与えるようにします