初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方

ダイコンの原産地と日本での歴史

投稿日:

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、
さまざまなところに分布します。
日本に渡来したのは、縄文時代?弥生時代の頃と言われており、
このダイコンは、中国より渡来したものです。
アブラナ科野菜の代表的な野菜とも言われるダイコンは、
その後、現在の東京都の板橋区や、練馬区、埼玉県の浦和あたりで、
盛んに栽培が行われていたようです。
私たちの生活には欠かせないダイコンは、世界的に見ても、
日本が1番発達していると言われています。他の国では、日本のように、
さまざまな食べ方をされていないためです。
たくあんのように、日持ちするものや、大根おろしや、大根サラダ、
煮物、お味噌汁、切り干し大根、おでん、調理法の異なるもので、
ダイコンをこれだけ食べている国は、他にはないんだそうです。
ダイコンには、グリコーゲンや、デンプンを消化する酵素、
ジアスターゼが含まれているので、胃もたれに良いと言われます。
二日酔いにも効果的だと言われますから、大根おろしをあえて食べる人も多いですよね。
更に、アブラナ科の他の野菜にも多く含まれている辛味成分、
グルコシノレートもあります。これは、ミロシナーゼと呼ばれる、
加水分解酵素によって生じる、イソチオシアネートがあるからこそ、
刺激があるものだと言われます。
また、ダイコンは”スズシロ”として春の七草の1つでもあります。
葉の部分は一般的に捨てられてしまうことも多いですが、
非常に栄養価の高い部分となりますので、積極的に食べたい部分です。
そして、忘れてはいけないのがカイワレダイコンです。
発芽直後のスプラウトとして収穫することができるのも魅力です。

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ダイコン

大根の肥料の与え方|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの肥料はうねの中央に溝を掘り 有機肥料を埋めておきます スポンサーリンク

no image

ラディッシュの栽培のポイント|水やりは回数を減らして一度にたっぷりと

ラディッシュ栽培のポイントを紹介します。種まきはすじまきがおすすめです。水やりは発芽するまではこまめに、発芽した後は回数を減らして一度にたっぷりと与えるようにします

no image

ダイコンの種まきと土作り|直根性の野菜なので直播栽培で育てます

ダイコンは、5度?32度と、生育できる気温の幅が広いのが特徴ですが、 適温は大体、17度?21度の比較的、涼しい時期となります。 直根性の野菜になるので、移植栽培ではなく、直播栽培で育てます。 育苗に …

no image

家庭菜園での上手な大根の育て方ポイント

ダイコンは、私たちの食卓に良く並ぶ野菜の1つです。ダイコンは煮ても美味しく、漬物にしても美味しく、サラダにしても美味しくお味噌汁の定番の具材だったりもします。 様々な調理方法で食べることの出来る野菜と …

no image

ダイコンの育て方|採れたて大根のみずみずしさを丸ごと味わう

古代エジプトで栽培されていたというだいこんは、中国を経て渡来しましたそのころ、保存食として漬物や切り干しなどの加工も行われ、庶民の食生活に欠かせない地位を築きました ダイコン(大根)はアブラナ科の野菜 …

カテゴリー

最近のコメント