初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

投稿日:

植物に必要な要素2.jpg

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は
健全な生育をするのに重要になってきます

 

土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です
発芽に理想的な土壌条件は野菜の種類により違いますが
地温で約20℃、土壌水分率で約30%、土壌空気10?20%が目安になります

 

⇒春にまく野菜の発芽までの日数と適温

 

芽が出た後に野菜がうまく育っていくためには

土の程よい地温、空気と水に加えて、光と栄養分が必要です

 

野菜が自分の体を維持し、大きく育っていくには、たんぱく質を合成しなければいけません

スポンサーリンク

たんぱく質を合成するには植物特有の光合成が必要になります

 

光はたんぱく質合成のエネルギー源として、
炭素(C)と窒素(N)はたんぱく質の構成元素として使われます

炭素は炭酸同化作用で空気中の二酸化炭素から、また窒素は土壌中から吸収します

 

しかし野菜を丈夫に育てるには、土壌中の窒素だけでは

十分な量を確保できないため、窒素は肥料によって補います

 

植物の生育には窒素以外に、リン酸やカリなどの栄養分が必要となります

また土壌水分は光合成に使われたり、栄養分を根に運ぶ役割をします

 

⇒肥料の三大要素について

⇒肥料の二次要素について

 

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。 野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、 さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなりま …

家庭菜園 ナス

実のなる野菜への肥料のやり方|元肥だけでは不足するので追肥を与える

5月頃に畑に植えつけるナス科のトマト・ナスや、ウリ科のキュウリなどは、 徐々に暖かくなってくるとともに生長が見られるようになり、 果実の膨らみもどんどん目に見えて分かるようになり、とても楽しいです。 …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

カテゴリー

最近のコメント