野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

植物に必要な要素2.jpg

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は
健全な生育をするのに重要になってきます

 

土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です
発芽に理想的な土壌条件は野菜の種類により違いますが
地温で約20℃、土壌水分率で約30%、土壌空気10?20%が目安になります

 

⇒春にまく野菜の発芽までの日数と適温

 

芽が出た後に野菜がうまく育っていくためには

土の程よい地温、空気と水に加えて、光と栄養分が必要です

 

野菜が自分の体を維持し、大きく育っていくには、たんぱく質を合成しなければいけません

たんぱく質を合成するには植物特有の光合成が必要になります

スポンサーリンク

 

光はたんぱく質合成のエネルギー源として、
炭素(C)と窒素(N)はたんぱく質の構成元素として使われます

炭素は炭酸同化作用で空気中の二酸化炭素から、また窒素は土壌中から吸収します

 

しかし野菜を丈夫に育てるには、土壌中の窒素だけでは

十分な量を確保できないため、窒素は肥料によって補います

 

植物の生育には窒素以外に、リン酸やカリなどの栄養分が必要となります

また土壌水分は光合成に使われたり、栄養分を根に運ぶ役割をします

 

⇒肥料の三大要素について

⇒肥料の二次要素について

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました