初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

投稿日:

植物に必要な要素2.jpg

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は
健全な生育をするのに重要になってきます

 

土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です
発芽に理想的な土壌条件は野菜の種類により違いますが
地温で約20℃、土壌水分率で約30%、土壌空気10?20%が目安になります

 

⇒春にまく野菜の発芽までの日数と適温

 

芽が出た後に野菜がうまく育っていくためには

土の程よい地温、空気と水に加えて、光と栄養分が必要です

 

野菜が自分の体を維持し、大きく育っていくには、たんぱく質を合成しなければいけません

スポンサーリンク

たんぱく質を合成するには植物特有の光合成が必要になります

 

光はたんぱく質合成のエネルギー源として、
炭素(C)と窒素(N)はたんぱく質の構成元素として使われます

炭素は炭酸同化作用で空気中の二酸化炭素から、また窒素は土壌中から吸収します

 

しかし野菜を丈夫に育てるには、土壌中の窒素だけでは

十分な量を確保できないため、窒素は肥料によって補います

 

植物の生育には窒素以外に、リン酸やカリなどの栄養分が必要となります

また土壌水分は光合成に使われたり、栄養分を根に運ぶ役割をします

 

⇒肥料の三大要素について

⇒肥料の二次要素について

 

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

良い苗の選び方|購入時に見極める3つのポイント

新鮮で元気な苗を購入するというのは、野菜売り場で新鮮な野菜を選ぶのと同じ事だと言えます。 ・根っこがしっかりしていて茎が太いもの・葉っぱの色は濃く元気な緑色をしているもの・節と節との感覚が詰まっている …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

no image

家庭菜園で旬の野菜を育てよう|新鮮で栄養価が高い野菜がおいしい

スーパーへ行くと、1年中購入することの出来る野菜って多いですよね。今は、ハウス栽培なども盛んに行われているので、本来旬ではない時期でも、その野菜を楽しむことが出来る世の中になっています。 促成栽培、周 …