初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

投稿日:

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。
下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。

■育苗後の苗・市販されている苗の選び方

・茎が丈夫に育っていて、しっかりとしていること
・葉の1枚1枚の厚みがあり、大きさも適度に育っていること
・葉と葉との間が詰まっていること
・葉の形や大きさはもちろん、色にも注目してみること
・しっかりと根が張っていること
・病気、害虫などの被害にあっていないかを確認すること

全ての野菜に当てはまる事柄となりますので、上記のポイントに気をつけて、
苗選びをしてみてください。

また、ウリ科の野菜に関しては双葉がない場合や、黄色くなっている場合、
変色が見られるような苗は極力避けるようにしてください。

スポンサーリンク

このような状態のキュウリや、カボチャの苗は、その後の生育が芳しくなく、
丈夫に育てることができない場合もあります。

苗を購入する時は、ポットの底の穴の部分に注目してください。
ここを見ることで根っこの張り具合を調べることができます。

底の穴より、根が長く伸びすぎてしまっているものは老化している可能性が高いです。
定植適期頃の苗というのは、底の穴より根が少し見える程度となりますので、
根が長すぎるのも良くないということを、覚えておきましょう。

良い苗を定植することは、家庭菜園の成功のコツでもあります。
しっかりと良い苗を見極めて、正しいものを育てていけるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、 作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要 …

野菜つくり

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。 野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、 さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなりま …

no image

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

野菜には、さまざまな品種があります。トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。 また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくな …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

野菜つくり

栽培期間の長い野菜

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、 栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。 ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかると …

カテゴリー

最近のコメント